新着Pick
273Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どこまでプロセスはオートメーション化するのか?
SFの世界のように、全てオートメーションで、買い物のサポートは十分な知能を持つAIというのも、数十年の単位であり得るとは思います。

しかし、何だか楽しそう。
そんなに急に世の中は変わらない。明日突然に職を追われるわけではありません。危機感を煽ってばかりでなく、今を楽しんだ方が良い世の中でないのかなと思いました。
レジ待ちのストレスを解消するための方法がユニークです。販売員が突然メガホンを持って脚立の上に立つ。そしてゲームがはじまる。

レジ列が長いと、商品を買わずに出て行ってしまう人がいる。あるカナダの調査。レジで自分の前に人が並んでいたら38%の人がイライラする。待ち時間が長い場合、24%の顧客は購買を諦めて店を去るそうです。

レジ待ちの時間をゲームで盛り上げるという発想は、ユニークですね。
リアルでどうして、ネットでどうする、という話ではないような。
「少しでも多くのお客様に、少しでもたくさん買ってもらうこと。それが私たちの仕事です」
それだけの認識では、厳しい時代になりました。
記事に出てくる幾つかのケースは、まあまあ結構進んでいる例だと思いますが、いずれにしてもリテールの現場実務に携わる人材が、相当にマルチなスキル・ケイパビリティを求められているのは間違い無いところですよね。特に多店舗展開をしているビジネスはそうではないでしょうか。

リアル店舗でしか得られない「特別な体験」をお客様に提供するためには、本来「お客様」を一番知っている「店舗」にその実施主体があるべき。会社・ブランド全体としての戦略やオペレーショナル・エクセレンスもさることながら、店舗の「オーナーシップ」をいかに育み、引き出すかが、リテールビジネスの今後における大きな「カギ」になるような気がしています。
オールドネイビーはGapの生命線。以下、2014年1月期と2019年1月期の売上比較。
Gap:63.5億ドル→78.4億ドル
Old Navy:62.6億ドル→51.6億ドル
Banan Republic:28.7億ドル→24.6億ドル