新着Pick
288Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「米国人を守る対策が少なかったことで責められるより、過剰なまでの対策発動で批判された方が良い」

もはや市中感染の恐れがあり、時既に遅しの感は否めないが、日本に必要だったのはまさにこれ。

米国のこのスタンスの方が「危機管理」という観点では圧倒的に正しいように思う。正常性バイアスに囚われた危機発生時の楽観主義、自国民の生命を守るという意識の薄弱さは、第二次大戦時やそれ以前から変わらない日本の国民性なのかも知れませんね…。
「米国人を守る対策が少なかったことで責められるより、過剰なまでの対策発動で批判された方が良い」とのコメントがありますが、専門家でなければ正しい対策は行えません。間違ったことをすれば経済的にも医学的にもマイナスになりかねません。

例えば、咳がある人全員にコロナウィルスの検査するとか、国民はみんなマスクをしなさいとか、検討違いの対策が取られてしまう可能性があります。正しいベクトルで過剰な対応でなければ意味がありません。

アメリカではCDC(Center for Disease Control and Prevention)という、感染症の専門集団が感染対策を仕切っています。日本ではそれにあたる組織はなく、コロナウィルスのパンデミックに対して、感染症の専門家でない人がディシジョンを下さざるをえません。

日本版CDCが必要な事態を迎えています。
日本と米国の最大の違いは、この米国CDCのような感染症対策専門機関が日本には存在しないことです。日本政府はそのような機能を十分に持ち合わせておらず、CDCとの比較による日本政府への批判は「過度の期待」かもしれません。

今回の事態により「日本にもCDCを」という声が各地で出てきたことは、日本の将来に向けて健全な流れだと思います。しかし、CDCは、一朝一夕で構築できるものではなく、現在のコロナウィルスの流行に即座に対処できるわけではありません。

「所長はまた、CDCは中国に対し新型肺炎対策での支援を約6週間前に最初に申し出たが、返答が依然ないことも明らかにした。」と中国に対して仰っているので、今回の事態に対しては、不要なプライドを捨て、米国CDCに支援を求めるのも選択肢と思います。
日本政府は自分たちで事態をコントロールできてないのを認めて情けないけどCDCに支援を要請した方が良い。今回のを教訓に日本版CDCの設立やCIAやMI6のような諜報機関の設立、サイバーセキュリティの専門機関の説明なども必須。この激乱の時代に日本の危機管理体制はザルすぎる。



米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は15日までに、中国中心に拡散する新型肺炎に触れ、米国内で広範に感染が拡大する最悪の事態に備えた準備を進めてきたことを明らかにした。

新型肺炎の拡大に伴い世界保健機関(WHO)は国際的な渡航や交易に不必要な干渉となる規制を打ち出さないよう各国に要請した。レッドフィールド所長はこの点に関し、「米国人を守る対策が少なかったことで責められるより、過剰なまでの対策発動で批判された方が良い」などと述べた。

所長はまた、CDCは中国に対し新型肺炎対策での支援を約6週間前に最初に申し出たが、返答が依然ないことも明らかにした。
正にこれが危機管理ですよね。オリンピック目前の日本政府の対応は、今後の世界での評価に繋がりますね。公共交通依存度が高く、人口も密集してる日本こそ積極的対応が必須です。体制が整うまではCDCにも頼って積極的な対策を打ち出して欲しいです。

新型肺炎の拡大に伴い世界保健機関(WHO)は国際的な渡航や交易に不必要な干渉となる規制を打ち出さないよう各国に要請した。レッドフィールド所長はこの点に関し、「米国人を守る対策が少なかったことで責められるより、過剰なまでの対策発動で批判された方が良い」などと述べた。
危機管理のお手本、定石のような動き。今からでも遅くないので、日本政府にも最悪の事態を想定した対応が急務。われわれ個人も、政府任せにすることなく、自分の身は自分で守るという意識で行動を
米国では、インフルエンザの大流行が医療現場の大きな負担になっているといいます。この冬に少なくとも2200万人が感染し、1万2000人もの死者が出ており、感染者は単純計算で米国民15人に1人程度と伝えられています。これだけでも「非常時」ですが、これに治療法が確立していない新型肺炎が広がれば本当に大変です。有事対応を取るしかないとの判断でしょう。正しいと思います。日本の医療機関も余裕のある状態ではありません。心配です。
私は、個人的に中国がアメリカの支援を受ける気がないことが気になります…
プライドならばまだ良いですが、何か隠しているのでは?

CDCは中国に対し新型肺炎対策での支援を約6週間前に最初に申し出たが、返答が依然ないことも明らかにした。
最悪の事態を想定した対応を考えて欲しいのは国だけでなく、人や組織に対しても同じ。過剰反応は良くないが、事態が把握できるまでは安全サイドに倒した舵取りが求められる。

感染が広がるし、自分が感染することも覚悟しなければいけないと思っている人が多いようだが、国会も役所も感染者が続出し、医療機関も混乱するようなことまでを考えているのだろうか。その可能性がどのくらいあるかわからないが、最悪の事態で考えているレベルが人によってまちまちに思う。

日本は特に変化を自ら起こすことが苦手と思うので、国や業界が指針を出すことも必要。どのレベルの判断になるかわからないが、いずれにしろ早め早めの判断を。
素人は唯々、不安に取りつかれ、感染者が増えれば増えるほどパニックぽくなります。
日本政府の対応がまずいのかまずくないのか、なかなか軽々には判断できません。
でも、あらためて危機管理のキーワードを思い出します。

悲観的に準備して楽観的に対応せよ。

問題は、悲観的に準備してきたかどうか。でなかったなら、悲観的に対応せざるを得ないでしょう。

業績