新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
IT業界で働くことに興味がなくても、プログラミングへの興味はあると良いと思います。
介護などの女性が多い職場で多少なりプログラミング知識があると、大きな効率化が可能な気がします。
人気 Picker
私もエンジニアです。先日世界中に支部を持つWomen Who Codeという女性のテック推進団体によるイベントで登壇した時、ロールモデルが少ない参加者は口々に言っていました。

テック業界で活躍するエンジニアも社長もメディアでは男性ばかり映しますが、女性のエンジニアや社長も増えてきています。

ただ、エンジニア女性は自分がエンジニアと言い続けないと皆気がついてくれません。
先日AIイベントでも、非エンジニア男性社長はエンジニアだから分かるよねと参加者に言われ続け(うち複数人はエンジニアじゃないですと何度も言ってるにも関わらず)、私はエンジニアというとほんと?と疑われ続けました笑

最近はテック業界で活躍する女性も増え、メディアもスポットを当てるようになりました。次はよりギークと呼ばれるサービス制作サイドにも光が当たっていけばと思います。
今さら2月の記事が多く方にコメントもらっていたのに気づきました。。。
皆さまありがとうございます!

なぜ中高生になると興味が薄まるのか?
個人、家族、学校、社会というそれぞれの領域でそれぞれの問題があると言われています。

個人レベルであれば、ステレオタイプ脅威(科学や工学分野のキャリアは男性の領域と思い込み等)の内面化と自信欠如によって、「女性は文系」「女性は数学苦手」という思い込みによってパフォーマンスが下がります。


家族の場合、母親の考えは自分の能力や到達度、キャリア選択肢に関する女子生徒の考えに1番影響します。(内閣府のデータより)
国際学力調査PISAによると娘に対して理系への促しが息子に比べて20%低いといわれています。この場合、理系への促し(=科学教室に参加したり、科学番組をみたりする機会、コンピュータへのアクセスなど、STEM分野の勉学のサポート等)などが男性より低いと、進路選択へも影響を与えます。

学校でいうと、日本の中高の理数系の女性教員は3割程度(アメリカは6割程度)です。米国の調査では、理系教員の7割を女性が占める高校を卒業した女子は、理系教員の5割を女性が占める高校を卒業した女子に比べ、大学で理系科目を専攻する確率が約1.4倍になる。(数学の偏差値が約60以上の場合)
つまり、理数系の女性教員の少なさと理系にいく女子の割合には相関関係があるといえます。

社会においてはロールモデルのPRの少なさであったり、メディアでの伝え方などでステレオタイプの再生産などと問題視されています。

と、以上のように、ここで描ききれないほどの問題が絡まり合ってまして複雑です。

ですが未来は明るいです!

アメリカのコンピュータサイエンス学部の最高峰であるカーネギーメロン大学およびハーベイマッド大学でCS学部の女性比率50%達成したんです!
もともと10年前は女性比率10%でしたが、様々な取り組みを実施した結果、50%に達成したそう。

日本の学生の学力は世界トップレベルなのだから、取り組みをきちんとすることでジェンダーギャップを是正し、ひいては社会のIT人材緩和および経済の発展に貢献します。

コメントが1ヶ月遅れですが、一応ここに残しておきます!
多様性の時代、このような問題の理由も一元的ではないと思います。

なので、可能性の1つとしてとしか論じませんが、自分の周りで多く聞くのは親ブロック。ITだけでなく工学系全般について、女性が高校生のときくらいに「工学部に行きたい」というと反対される親が多いそうです。
田中さんの活動応援しています。
多くの企業も女子エンジニアが少ないと言いながら、ほとんどの場合、大学生にしかアプローチしません。短期の採用効果考えれば仕方ないですが。
 
しかし、進路決定をする前の中高生までに興味を持ってもらえる機会を作らないと時すでに遅しなわけです。
ちなみにライフイズテックのITキャンプでは、女性参加比率は年を通して43%まで上がってきていますが、この数字も非常に特異的だとされるのは違和感があります。
 
男女関わらずITを使い生活する時代です。男女関わらず興味を持てるはず。周りの大人がその興味を潰してないか、教育関係者だけでなく、保護者の方々も気をつけて頂けたらと思います。
なぜか、高校生になると女子の自己肯定感が生涯最低になるんです。リアルな人的コミュニティへの同調圧力とかのせいもあるのでは?
結局、なぜ女子が中高生になるとプログラミングやITへの興味が薄れるのかがわからない。。。。女子だけの学ぶ場を作っても果たして解決するのかどうか?
現在中学三年生の授業で、問題解説動画を作成してもらっています。
確かに、編集などは男の子の方が興味を持ってやることが多いですが、女の子が全くいないわけではない。
面白いと感じながらやれる環境さえ整えば、決してできないということはないと思う。

ただ、学校現場も含め、ICTの利活用について、本格化してきたのが本当に最近であり、さらにICT利活用に関わっている教員もまだまだ男性が多いことは少なからず影響しているのは間違いない。

教育現場の人間としては、日々の授業だけでなく、様々な場面でICT利活用の機会を増やし、男女関係なく、触れてもらうように促していきたい。
「IT業界」と言っても中々イメージ湧きづらいですからね。
また、華やかな業界でもないので尚更中高生の女子が興味持つのは難しいかも知れません。

一昔前は、IT業界にいる女性は大人しくて地味目な方が多かった印象ですが、最近はその真逆の方も良く見かけるようになりました。

私が中高生の先生だったら、
「IT業界は力を必要としないし、自分たちが今日常で当たり前のように使っているスマホやYouTube、インスタグラムだって全てITで成り立っているんだよ。」
とITの魅力を伝えてやりたいですね。
記事とは異なるベクトルでふと思ったので、メモがてらにPick

嗜好に対して生物学的に異なる点があるのだろうか。
感覚的なものと一致はするが、生まれもったものなのか環境なのか。

例えばAIを用いたジョブマッチングの評価にジェンダーバイアスがかかってしまうのは、人間が作り上げた文化や環境などの社会バイアスを写実しているのか、生物学的な違いを写実しているのか。
NewsPicksのご縁で先日取材にお伺いさせていただきました。

一般社団法人Waffleを"ITにおけるジェンダーギャップの解消"というテーマを中心に立ち上げた田中さん。

それにまつわる統計データや現場などを踏まえ、日本の教育現場のお話や、政策提言のお話まで興味深くお話を聞いてきました。

女性同士楽しいお話をしつつ、わたしたちの未来を考えたり伝えたり、実行することに対して、明るくパワフルなマインドを感じました。

未来に対しての今から解消できるようなリスクは、少しずつなくして行きたいですね。だからこそ、Waffleのような企業に希望を抱きます。

応援していきたい方のお一人です!