新着Pick
957Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ドラッカーにトライしたのは10年以上前。
当時の経験値不足の一介のサラリーマンだった私が、サラッと読んだくらいでは全く身にならなかった。もう全然覚えてない。
古典こそ、教養と経験基盤に応じて読み解ける深さが異なる「謎かけ」。西洋絵画と似てる。本文のマネジメントとビジネスの違いなどは、まさに。
人気 Picker
私もドラッカーを読んでいないマネジメントでした。
最近はマネジメントよりエキスパートに転身したく、
メンバーの能力を高めチームで成果を上げる以外
『あなた(私のこと)は何ができる人ですか?』己のexpertiseをシャープにすることを一義にしてきたが
この記事を読むとドラッカーのマネジメントはジャーマネの話ではない、プロ経営者の話である、読む気スイッチはいりました!

以下記事より
ミシガン大学のジェームズ・ウォルシュという経営学者の論
文の有名な一節
“The law is for justice, the medical is for health, and
business is for ____ ?”

この下線に当てはまるものを考えてみる。
society progress economy....
ドラッカーは経営学者ではなく社会学者という位置付けなんだと思う。
だからビジネススクールでの題材にならないのかなと思った。

僕は修士論文でNGOのマネジメントを題材にしたんだけど、その際にドラッカーが非営利組織のマネジメント研究の第一人者だと知りました。
僕にとってはそこの分野での師匠だと思ってます。

そして今の時代だからこそドラッカーのマネジメントは読むべきだと強く思います。
皆様も是非ご一読ください!!
興味もある企画。
ドラッカー信仰から 自分で考え行動するためのものへ変わるきっかけになる。
「責任と権限は表裏一体です。」は経営だけでなく、人の生き方に共通な基本原則。
「未来の古典を読み直す」という音声番組が始まります。ここ数十年で刊行され、タイトルは知っているけど意外に読んだことのない「名著」を1冊取り上げ、2020年の現在、読み直す意味について語り尽くす番組です。

最初はとにかく王道を、ということで、入山章栄先生にドラッカーの『マネジメント』を解説していただきました。実は自著で「アメリカの経営学者は、ドラッカーなんて読まない」と書いたこともある入山先生。今回、半ば前言撤回する形で、ドラッカーの現代的な意味について語ります。
「ドラッカーは誰も読んでいない」からの「めちゃめちゃ感動しました」へ、ギャップがすごい。
入山章栄さんの感情的な昂りが、音声で伝わってきて、楽しかったです。
所ジョージのバホバホ隊とコサキンの話はテキストになっていません笑
「ビジネスに目的はない」という要所は、テキストよりも音声の方が伝わってくるものがあります。
こうみると、インタビューを文字にする難しさ、そしてドラッカーについては翻訳することの難しさと力について考えさせられるインタビューでした。

音声とテキストの両方があるのは、とてもいいと思います。
部屋の片付けをしながら音声で聞いて面白かったので、テキストを読んで、コメントを書きました。
どこを押せば音声の再生にいくか、ちょいと悩みましたが、慣れの問題ですかね。
先人たちの知見をジックリ反芻するのは、私見の整理にとても役立ちます。私は言葉に落とすのが得意ではないですが、引用させていただくとよく伝わるようになります。

このテーマ、久しぶりに読み返そうかなという気にしてくれそう。楽しみにしてます。
入山さんの解説が秀逸ですね。又、50年前にドラッカー教授は「ビジョンを決め、そのための組織を作り、戦略を立て、権限を委譲し、責任を持たせて成果で測る」と明確に言い切っている。これを実践すれば結果は出ますね。
入山先生が、経済同友会で、米国ではドラッカーは
読まないと話を聞いたのは、もう5年程前です。

僕はドラッカーが大好きでしたが、そんなに驚きも
ありませんでした。

日本とドラッカーは、親和性が良いと思います。
再びここから、やる事が大切な様に思います。
ドラッカーが、企業の目的は”顧客の創造”にあると、その時代に喝破されていた慧眼には本当に感服する。

また今回、入山先生がおっしゃる
・ステークホルダーの幅広くとらえる(リフレーム)
・イノベーションによる新顧客の創出
と言われて、現代の日本こそ必要だと強く感じました。

また読みなおして勉強します。

——引用——-
企業とは社会の中で責任を果たす存在であり、もっとステークホルダーを幅広くとらえる必要がある。ドラッカーが語っているのは、こうした文脈での「顧客の創造」だと考えます。
もう1つの観点は「イノベーション」。現代ではブルーオーシャン戦略と言われるように、文字通り、現時点では存在しない顧客を新たに創出することです。
社会に対しての公約「ビジョン」がすべて。企業は社会のためにある。企業はコミュニティのためにある。これを前提に、企業の存在意義を明確なメッセージに置き換えることが大切ですね。

それを社会やコミュニティが受け入れてくれれば、企業は成長しつづけられます。
この連載について
過去数十年で刊行され、今後も長く読み継がれていくであろう名著を一冊取り上げ、その現代的な意味を有識者と語り合っていく音声番組。