新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
訪日外国人は増えれば増えるほど、訪問動機・目的も細分化されニーズは多様化していきます。その中で、これからはゴールデンルートから、2回目の来訪になってくるので「モノ消費からコト消費」「都心から地方へ」というのが2大キーワードだと思います。
コト消費の訪日トレンドは、「日本らしさ」と「観光地のユニーク性」だと思っています。

前者は、歌舞伎・忍者のようなものだけではなく、和食を作る、お弁当を作る。立ち飲みをするというものも含まれます。ボーリング、カラオケも高まっています。日本のアニメ・ドラマで見たような世界観を日本で経験してみたいという
後者は、スカイツリーをみながらSUP、富士山パラグライダー、鎌倉で着物体験みたいなものです。観光地をちょっと自分なりに面白くアレンジして体感したいというニーズです。人がやっていないコトを観光地で遊びたいみたいな層は拡大していくと思います。


『訪日客の「コト消費」 多彩 抜刀体験など 日本人にも新鮮』
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54698160S0A120C2KNTP00/
和食を作って食べる異文化体験と言うコト消費ではありますが、日本のモノとメシも合わせて楽しむトキ(時)消費でもあります。
年末年始はバリで過ごし、Airbnbで見つけたバリ料理のクラスに参加しました。

料理と文化体験の楽しさは勿論のこと、参加前には全く予期しなかった楽しさがもう2つありました。

1. 磨き上げられたプログラミング(ダンドリ)
流石毎日2回転させるクッキングクラスの先生。料理の経験者と初心者の違いの一つはダンドリの良さですが、人に教えるには、また段違いのダンドリが必要ということがよく分かりました(何種類もの料理を一番楽しいところだけ、次から次へと体験できるように)。

2. 参加者が面白い
バリ自体のclientele effectも相俟って、参加者は多様で面白かったです。中国で俳優業をするアメリカ人とロシア人カップル、イタリアの田舎に移住して起業した初老のドイツ人、仕事も何もかも捨ててアジアを旅するオランダ人など。私自身は平凡すぎるのが逆に際立ちました。


私は魚市場の近くに住んでいるので、こんなのどうかな、と話していました。
・土曜の朝9時に魚市場に集合、好きな具材をゲット。買った魚と貝と海老を使って刺身パーティー
観光・買い物からコト消費に進んでいただければ、日本は無尽蔵の資源があります。インバウンド、これからが本番。
別に今に始まったトレンドではなく、日本に来る人は、昔も今ま、自国には無い「日本らしさ」を求めています。

それから、記事内の一人当たりの消費額内訳に、コロっと安易に騙されてはいけませんよ。(マーケティングの基本!)
平均滞在期間が長ければ、長いほどホテル代と食事代が比例して高くなるのは当然。

平均滞在日数を記載せずに、オーストラリアの半分以下の平均滞在日数の中国を並べて「ほぉら、オーストラリアの方が食事に興味がある」なんて暴論。食事代は見事に平均滞在日数に比例していますから。

日本の食文化への興味は決して欧米豪に限ったものではありません。海外に向けたfacebook 配信でも、食に関する記事は他の記事の3倍から6倍のオーガニックリーチになり、いいねやシェアも爆発します。

コトコト言いますが、買い物だって立派なコト体験ですよ。すごく丁寧に、親身になって探してくれたり提案してくれる販売員さんに出会う、楽しい!嬉しい!その感覚が「コト体験」です。しかし、言語の壁の高さよ。平均年齢の高い当社の販売員の中にはどうしても「(外国語を)喋れないから話しかけられたくない」と、目線を避けてしまう方も未だに少なくはありません。POCKTALKが若い販売員さん達に非常に効果があったので、今絶賛増設中です。

そこいくと、勝手な思い込みかもしれませんが、大阪おばちゃんは、日本語と元気でビシバシ外国人に親しみを持って話しかけていそうで羨ましいです。大阪が人気な理由の一つは、確実にそれだと思います。大阪ならどこへ行っても何をしても、あのフレンドリーさを体験できる「コトの街」だから。

ビジネスチャンスを探しているのであれば、ただ単に「あー、なんか料理体験とか流行ってるみたい」ではなく、自前のビジネスの中で、コト体験を高めるよう努力したらいいのではないでしょうか?


ちなみに国別平均滞在日数は下記の通り。
フランス 14.4泊
ドイツ 13.5泊
イギリス 13.4泊
オーストラリア 12.4泊
カナダ 11.0泊
アメリカ 9.9泊
フィリピン 9.4泊
シンガポール 7.5泊
マレーシア 6.7泊
ベトナム 6.7泊
インドネシア 6.3泊
タイ 6.0泊
中国 5.9泊
香港 5.2泊
台湾 5.1泊
韓国 3.5泊
レストランに行くだけだと文化的には表面的な体験しかできないけど、海外に行って友人宅でご飯を食べるとその国の文化とか生活ぶりがより深く分かる。