新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学を地方都市に新設すれば、イノベーションを繰り返すエコシステムが形成され、産業も雇用も大いに増える、というのは本当か?という話です。
 明らかなのは、そうなった場合もあれば、そうでなかった場合もある、ということです。大学が経済活性化の万能の打ち出の小槌なら、全ての地方都市は大学を新設しています。
 それでは、「イノベーションのエコシステム」が形成された地方大学とされなかった地方大学では何が違うのか、というのがこの記事で問われているところです。
 こういう役割を大学に求めるのは、日本の自治体でもよくあるところです。ただ、新しく大学をつくったり、招致するのは、比較的まだ余力のある自治体です。つまり、製造業などの企業がある程度まだ地元に残っている自治体です。
 地方大学が自治体から期待される役割は、まず、これら地元の企業に貢献することです。「イノヴェーション」ということもあるにはありますが、第一には、まず就職してくれるような若い人が大学進学の時点で東京へ出て行かないように、地元に繋ぎ止めることでしょう。自治体の政治的事情からいえば、あまりイノヴェーションを起こす新産業などよりも、旧来からの中小企業や農漁業の存続が優先されます。それらの企業のために、外国人の技能実習生の招致や定着してもらうための「多文化共生」への貢献も期待されます。
 元からイノヴェーションを繰り返す企業がたくさんある地方都市なら、そこの役に立てばいいでしょう。しかし、そういう地方都市もあまりないでしょう。イノヴェーションというなら、外国を含む外部からできるだけ野心的で優秀な新来者を好待遇で呼び集め、卒業後も起業しやすいような環境を整えるのがいいでしょう。サンディエゴで起きたのはそういうことでしょう。「地元の若い者が東京に出て行かないように」といった動機では、「イノベーションのエコシステム」が形成されるのは難しいでしょう。
招聘したキャンパスや研究所がローカル経済発展のエコシステムになりうるかは在学中の産学連携にあるような。
『呼びました、就職は東京に』では、単なる安いレントになってしまう。
大学は今どこも一番欲しい『若い人』の母集団であることに変わりなし。いかに在学中に地元企業と連携し、地元就職地元起業を促せるか。
課題に対する打ち手「研究機関の誘致」で1億ドルの寄付。打ち手がシンプルでダイナミックすぎて凄い。
"テクノロジーがもたらすイノベーションの恩恵を十分に受けることができていない地方経済を変容させ、支えていくために最も効果的な手段は?"
東京以外でテック都市になれる可能性のある自治体はどこでしょう?
大阪、京都、名古屋、札幌、仙台、福岡は基盤があるので、いかに早くテック都市化に着手するかだと思います。とはいえIT産業振興などの狭い視点で止まっている施策がほとんどでしょう。

問題はそれ以外の政令市や中核市です。おそらくIT産業以外の特色と組合せた強みが必要ですね。強い観光産業や先端研究のOIST、データセンター集積もある沖縄や、JAISTや地場工業のある金沢などは可能性を感じます。

また、広島、岡山、群馬、熊本など大都市圏から少し離れたところで、一定の産業規模を有するところで、小さな地区を丸ごとテック化できれば、エコシステムが創出できるかもしれません。

地方創生は広く浅くではなく、ピンポイントにテック都市を育てる発想が大事になってきたと考えます。
イノベーションセンターはできた後にその卒業生がその都市に残るかどうかはその研究が事業になる機会がどれくらいあるかによると思います。

つまりは必要なのはイノベーションセンターよりもイノベーションを軸にしたスタートアップのエコシステム。何よりも動きが速いはずのお金を扱う投資家ですらベンチャー投資は超ローカルビジネスといいます。お金がないと人を雇えないので集まってきません。

もう一つはポツンとエコシステムを作るのは維持も含めて大変なので、物価高騰などでボストンやシリコンバレーに疲れた人たちがくるような流れを作れるかどうかだと思います。
大学を地域活性化の起爆剤に、という意味では、東大の中だと三重や石川にサテライト置いて活動しているところもあります。

https://frs.c.u-tokyo.ac.jp/

もちろん、学生が集まる教育組織があるに越したことはないのでしょうけど…
日本にもこの発想がほしい。東京一局から地方分散へ。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Zillowはオンライン不動産データベースを運営するアメリカの企業である。 ウィキペディア
時価総額
6,744 億円

業績