新着Pick
565Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksのNext Culture Summitで、コーチ・エィの鈴木義幸さんと登壇をした際の内容が記事化されました。
鈴木さんはエグゼクティブ・コーチングがなぜ重要かということについてインプットトークがあり、後半は僕との対談で、対話することの意義について語り合いました。
お互いによくわかっていない、ということがわかること、これが対話の入り口ではないかと思っています。先日上梓した『他者と働く』は、サブタイトルが「わかりあえなさから始める組織論」ですが、わかりあえていないからこそ、知ろうとするということがあるのだと思います。
そのことにどのように向き合っていくか語っております。
上司がみな1on1を大切にでき、それを通して一人一人と向き合えること、これは組織経営における、最大の武器だと思います。
本当はそれは、昔も今もこれからも、時代を問わず変わらないことのはず。

私は部下が20人までは毎週、50人までは毎月の頻度で、欠かさず1on1を行う、1on1信者です。笑笑
仕事の進捗確認だけではなく、上司と部下の心理的近さや提言のしやすさをつくり、当人のコンディションを知る、非常に重要な時間です。
「何をわかっていなかったか」がわかる、というのが対話においては極めて重要です。

対話としているつもりでも、一方的に話している場合がある。 自分は何を知りたいのか、考えてから相手を尊重し知るために時間を使いたい。
仕事のスキルは現場で培われるが、育成スキルは学ばなけれならないと思います。又、リーダーがビジョンを示せても、チームメンバーの事をわかったつもりで、1on1を繰り返した結果「部下が1on1で不満に思うことは「上司の準備不足」が多いようです。時間が来たら急に始まり、質問もありきたりのものだったりする。大事なのは上司が「いったい自分は部下について何を知らず、何を知りたいのか」を準備すること。」ですね。
無数の「2人の関わり」で会社はできている。
成長企業が1on1を重視してるのはこの原則を理解してるから。

対話の際、「専門性を脇に置く」というのは意識していても難しいですね。笑
徹底します。
最近本当に対話の重要性を感じます。そしてその対話は自分の繋がりの一歩外までの対話を。トップからマネージャーだけではなくトップから現場メンバー、同部署内から関係部署。多様性とは縦横斜めの対話のある組織のことなんだとさえ思う
これまでのパターン、たいてい上司の方が無知ということが多く、話せば話すほどややこしくなる。
行きたかったやつ。
やはり興味深い内容だった。