新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、インフラ系企業でCSRを担当してらっしゃる方とお話しした際、これ以上、自社の急成長が期待できない状況において、現在の株価を正当化するためには、ESG投資の対象となることが必須であり、綺麗事ではなく本腰を入れて取り組まねばならないと意識しているというお話を伺いました。

身も蓋もない話ですが、今のところ、これが企業が本気で推進する最も納得感のある説明でした。
理想と現実、本音と建て前があると思う。
SDGsに取り組んだ方がいいかと問われれば、Noと答える人は少ないだろう。では、企業の資源をどこまで費やして取り組むべきかと聞かれれば、程度問題。あとは、取り組んで持続的な成長や競争力につなげられる企業もあるかもしれないが、相当に考え込んで作りこんでなどが必要だと思う。逆に「みんなが言っているからやらざるをえない」というレベルであれば、それでネガティブにならないためのコストとしていくらまで出せるかという議論だと思う。

TwitterでGPIFの水野CIOと多くの投資家アカウントが直近色々議論をされている。ダボス会議など含めて、Politically Correctが求められる場もあると思う一方で、過去のSRIブームがブームで終わったり、京都議定書などの国際的な取り組みが当初想定通りに進んでいない現実もある。そのなかで現実としてリターンにどこまで必須なのか、また本当に必要だったら投資や個別の企業の取り組みではなくもっと法規制としてやるべきではないのか、色々考えさせられる。

具体のTweetでは、下記の@UnconstrainedIさんのTweetなど。
自分で原文をさらに当たったわけではないが、Gは効く(ガバナンスがダメな会社は、中長期で何らかのリスク事象が顕在化することが高い、とも捉えられるだろう)。
https://twitter.com/UnconstrainedI/status/1219911995035549697?s=20
FRaU SDGs号は大きな話題になり、たくさんの問い合わせをもらいました。
私たち自身も、これを広げることに価値を感じるし、事業の成長と社会課題の解決が組み合わされていることの重要性を実感する日々です。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002491.000001719.html

八田さんの言う、「15年くらい前のデジタル化と似ている」というのはすごくよくわかります。
>いまは企業がSDGsに取り組まなければ、これまでの企業活動が成り立たない世界になりつつあります。

なぜそうなってるのか知りたい
尻に火がつがないとやらないのではいずれジリ貧になります。近いうちにSDGsへの取組みが受注の前提くらいにはなるでしょう。あとは現場の時間感覚と経営の焦り。なんか15年くらい前のデジタル化に似ているような気もします
Few would disagree the claim that corporate sector must undertake a fair role for sustaibale growth. And corporate sector must respond to enlarging demand of pro-SDG consumers to secure its competitive position.
That said, many goals in SGDs must be primarilly achieved by each government and inter-governmental efforts. Moreover, pro-SDG activities must be funded not only with corpore sector but also public budget and donations.
Corporate sector's work on SDGs will be the most efficient if it collaborates with involvement of government and direct financial contribution of the wealthy people.
企業がSDGsを推進するってなんだ?