新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
橋下さんは、「(チャンスを)つかむ力」のために、「1番大胆な道」を選ぶように心がけて来たとのこと。

自分の場合はどうかな?と振り返ってみると、「1番、先が見えにくい選択肢」を選んできたかな、、と思います。それは、心掛けて来たのではなく、単なる好みでしたが。

「先が見えにくいこと」に対して、「不安と絶望感」を感じるのか、それとも「うわー、なんか、ワクワクすっぞ!」と感じるのか、それは、良い悪いではなくキャラの問題ですので、自分の心と良く対話することをお勧めします。

もし、後者のタイプだなと思うなら、「大胆な道」「見えない道」を選ぶのはきっと人生を豊かにしてくれると思います。

結局、人生の豊かさとは、自分が今生きている人生に満足しているかどうかだと思うのです。
「どれだけリスクテイクできるか」ですよね。

こうした場面で日和ってチャンスを見送る者ほど、リスク覚悟でチャンスをモノにした者に文句を言いたがる。

ダサい、のひと言。
激しく共感しました。

橋下氏が大阪府知事になることで、大阪府民や大阪市民の政治への関心が高まった。例えば2011年の大阪府知事・大阪市長ダブル選挙ではいずれも投票率50%を越えている。

リスクの高低で判断するのではなく、その先にあるものを見て『行動』する力が凄まじいと感じる。その『行動』が伝播して、皆を『行動』させる。そういった能力が稀代のリーダー達にはあるのでしょうね。
二人でテレ朝のワイドショーでコメンテーターを務めていた時、ぼくが知事選 出馬するの?と聞いたら、2万%ないと答え、直後に出馬表明。
「人生の選択で迷ったときには、選択肢の中で一番大胆な道を選ぶ。」その大胆な選択をされる瞬間でした。
目の前に転がるボールを瞬時に見極めて、シュートを打てるかどうか。
本質的な実力だと思います。
それは鍛えられるものなのか、いつか橋下さんに伺いたい。
軽い怪我しかしなかったのですが昨日空港からの帰りにタクシーで交通事故に遭いました。
人生は何があるのかわからないのでチャンスがあればリスクテイクすべきだとつくづく思いました。
最近の流行り言葉を使うなら、"サードドア"の考え方ですよね。橋本さんも「サードドアをこじ開けた人」の一人なんだと思いました。

いい風が吹いているところに常に身を置いて、新しいことに敏感になり常に嗅覚を立てて、面白いと思ったら行動できる人なんだと思います。

それにより、次々に誰かの目にとまり自分のステージがあがっていっているんですよね。

お手本のようなサードドアライフですね。

「サードドア: 精神的資産のふやし方」
https://amzn.to/2GPk57S
こういう時に忘れてはいけないのは橋下さんの場合、つかむ時につかむための握力を鍛えてきてたってこと。飛び込んだり、転がってみたり、つかんでみたりには、日々の鍛錬は欠かせませんね
橋下さんの言動に心が騒めき、オピニオンに耳を傾けたくなるのは、彼のこんな覚悟があったからなんだな、きっと。
「僕は、人生の選択で迷ったときには、選択肢の中で一番大胆な道を選ぶことを心がけてきました」
何はともあれ動くことから。
決断と言われていますが、私は文武両道北野高校ラグビー部時代に全国大会花園にウイングとしてレギュラー出場してグラウンドを縦横無尽に駆け抜けてトライを取った時から全てが始まっていたと思います。