新着Pick
682Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
センスのある人は、魅力的である。 だまっていて磨かれるものではない。
「自分なりの関心や動機、価値基準があるからセンスや直感が磨かれる」に共感。 日本の若者に自己肯定感が低い傾向があるが、他人と同じではない自分に向き合ってセンスや直感を磨く日常をおくってほしい。
最近の日本に多い傾向ではないかと思います。
日本ダメといって悲観的になり批判ばかりで諦めて何もしない、または、自分はそろそろ定年だから何もできないと思っている、そんな人が多い気がします。

日本はダメになったのではなく、社会的な変化に対応してこれまでのやり方考え方を大きく変革しなければならないときなのだと思います。

〉なんでも「日本ダメ」で理由づける人は他責思考
師匠の日常を観ると、やっていることと同時にやらないことが分かるのがいいのでしょうね。アウトプットだけ見ても、何をしないこらそのアウトプットが出せたのか、というのが分かりません。Do & Don'tはワンセットですね。
何をするにも無関心、やる気が持てない…みたいな方のメンターを務めていると共通していることがある。それは、自分なりの価値観を明確に持っていないため、周りに流され、翻弄され、そして、結果的に受け身になっている人が殆どだ…。
これだけ変化が起こるのが日常化している環境下においては、自身の軸を持つことは非常に大事であり、センスを磨く上でも大切だと思う。なぜ、それに拘るのか?なぜ、それに関心があるのか?そのことを突き詰めていくことが価値観という軸を持てるようになると思う。屈折するほどの失敗経験を積み上げても、軸があれば、自身にとって有益な"何か"を得ることができる。私は、それで生き抜いて来た。何かに打ち込み、貪欲に探求できるように彼等を微力ながら支援し続けたいと思う。
Be Curious ‼️
タグをつけるって本当に大切だなと思います。最近は自社にはどういうタグをつけられるだろうかと日々考えています。例えばITメガベンチャーのタグを聞いて想像する会社は限られるので、同じタグで戦わないには!?を考えるのは中々面白いです。
〉自分なりの関心や動機、価値基準があるからセンスや直感が磨かれる

まさに。食わず嫌いでは磨けないし、食べ続けるから磨かれ(守→破)、表現する術があればさらに磨ける(破→離)と考えてます。
インサイドアウトになるには好奇心が重要で、それを醸成するのは家庭教育が大きそう。
メンターは必要。
多用なメンターがいる私は幸せもんだ。
この対談、全3回とも本当に面白かった。興味にタグをつける。自分のタグはまだまだ広すぎるのだろうな。
零戦の秘術が気になる…
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。