新着Pick
1216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楠木先生と山口周さん、もうこのお二人が大好物。
Amazonレビュー星一つ、よく分かる!
マス受けしない、不都合な真実だから。
歴史に残るイノベーションもはじまりは『頭おかしいんじゃないの?』という反発が多い。それまでの定石を覆す新しい真実だから。
私はお二人の主張にどう反応するか、で人を測っているところもあります。
センスにも、色々種類があり、脳科学的にも明らかになってきた事実があります。

種類として、絵画を観るセンスや音楽を聴くセンスだけでなく、道徳的に正しいと感じるセンス、数式を美しいと感じるセンスまであります。

これらは、後天的に学習するものであり、全てのセンスは脳内の同じ領域(内側眼窩前頭皮質)が活性化されるそうです。

また、サイエンス派にはセンスが不要で、アート派にはセンスが必要という二項対立は良くないですね。
ノーベル賞級の科学者にはセンスが不要かというと、数式や実験に対する美的感覚など、センスの塊です。

サイエンスやアートを横断した視点が必要な時代かと。
=参考=
理系・文系、左脳・右脳を超えた創造性〜STAD(サイエンス・テクノロジー・アート・デザイン)
https://note.com/ray_30cm_ns/n/n1248668d4249
マッキンゼーの中途入社研修で、イシューを分解してイシューツリーを作るというプログラムのときに、同期がどういう順番で分解していくかはどう考えたらいいのですか?と質問したら、それはセンスです、とトレーナーが答えたのを思い出しました。
この本ぜひ読んでみたいですね。
店をやっていると、ちょっとしたことに気づくか気づかないか、まさにセンス(感じる力)があるか無いかが、すごく大事。どうやったらこれを社員が磨けるんだろうと日々頭を捻っています。今のところ、美しいもの、良いもの、一流といわれるものを見よう!といってます。一流レストランの料理を食べたことのないシェフはどんなに才能の片鱗があっても一流の料理は作れるようにならないと思うから。
センスは後天的に身につけられると信じたい。
〉センスとは一事が万事に表れるということです
〉センスは千差万別で、人によって中身は大きく変わります。フラットにセンスを捉えたほうがいいと思います。

私はセンスに共感しています。
そして、センスを「個性」として理解しています。人よりもこだわりをもって表現できる何かを持っていることが個性になり、その表現された個性が人の共感を得られると「できる」につながるのだと考えています。

スキルはスキルとして確立された時点で、誰もがコピー可能な理論となってしまいます。一方で、センスはその人が持っているスキル・サイエンス・アート・人間力などの総体なのでコピーはできません。

センスを磨くには、問い、考えて、表現することをとにかく繰り返すことだと考えてます。
対談で山口氏が「語源的にも、センスとは「感じる」という意味」と話されているように、この差を分かつのはインプット→スループット→アウトプットのうち「インプット」だと思います。そのインプットの際のメッシュの細かさ、注目する観点。カラーバス効果のように、何を気にしながらインプットするかでアンテナに引っかかる情報も変わってきます。センスの良い人の近くで、常に表面的なアウトプットではなくインプットに注目して真似ぶ(学ぶ)のセンスを磨く一つの方法かもしれません。
アート派・センス派は、サイエンス派・スキル派と人間力派の両方のビルの間に挟まれたラーメン屋みたいなもの、という例えが面白い。

スキルはサイエンス=論理がものをいい、人間力はクラフト=体験がものをいう。一方で、センスはアート=直観がものをいう。では直観を磨くには、と必ずなるわけですけど、これが難しい。

ある人は自分の好き嫌いを列挙せよと言い、ある人は大局観を身につけよと言う。個人的に最近の学びとしては、doingよりbeingを意識することが重要になったきているな、と感じます
田岡さんのコメントはセンスの本質を衝いていると思います。
「センス」という言葉は自分の事としては使用できないが、相手を巻き込んだ「共感」というワードはグッと地平が広がる
#楠木建 #山口周
センスというと誰も考えつかない突飛なひらめきを思い浮かべたこともありましたが、既知と既知の組み合わせで価値を生み出していることが多いと気がつき、マッチングこそセンスなのではないかと思うようになりました。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。