新着Pick
556Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンでしっかりお客さんを捕まえて、その後、リアル店舗を積極展開する「逆転の戦略」。家電業界では有名なAnkerという新興メーカーが、「アマゾン重視」を転換し、今後は、家電量販店に積極展開しようとしています。

既存のメーカーは、家電量販店の売り上げ比率が多く、家電量販店の力が強いとされています。その中で、アンカーのようなネット比率が多いところは、こうした力関係は変わります。ネット戦略に勝ったことで、リアル店舗戦略も有利に進めることができています。
家電に限らず、ネットで売れる→伝統的チャネルでの展開、というパターンはどんどん増えていくでしょうね。シャンプーのボタニストみたいな例もあるし、言ってみればYouTuberがテレビに出ていくのも同じ形。伝統的チャネルは取り扱いの数が限られるので伝統的メジャープレーヤーが既得権益的に抑えていて、新興プレーヤーが参入するには目に見える「実績」を先に持っておく必要があり、それをネットで作れるようになった、というのは大きな変化。原宿に旗艦店を出した@cosmeの店はネットでの売れ行きをベースに品揃えをしていくという新しい形態
メーカーの立場からみた家電量販とオンライン、そして直営店のメリットとデメリットがよくわかるレポートです。

顧客を増やすためには、リアルのモノを確認して購入する層も取り込む必要がある。そのためのチャネルとして家電量販は有効ということです。

直営店も顧客との接点ではありますが、ブランド訴求に効果があります。Ankerはどんなブランドに育っていくのでしょう。楽しみです。
デジタルのみだとユーザーの心にかけるフックが浅すぎる。価格機能のみで横比較され、いわゆるブランド愛着が育たない


製品のスペック(仕様)でお客様に選んでもらえるカテゴリーもある一方で、Eコマースだけでブランドを作っていくというのは簡単ではありません。
同様の製品と簡単に横比較をされてしまうし、同じ機能性の製品であれば、価格が安ければいいという選ばれ方をされてしまうことも多い。
アマゾン上だけでブランドを深く作っていくというのは難しいと思っています。
なるほどと思いました。

1番初めにどこから売るかです。
Amazonのようなしっかりとした物流網を持ったECで販売することで、製品開発力があれば売れますし、
また、Amazonには口コミがあるので、きちんと評価されれば、販売が促進されます。
表には出ていませんが、実際は製品を改良しながら売っていくのでしょう。

後者は、ある意味、社会を実証実験のようなフィールドにするということです。
でも、それは口コミをステルスマーケティングでコントロールして不良な商品を社会で試しながら売るということもできます。
確かに新しい手法なのですが、アンカーはしっかりしていますが、一部のメーカーのAmazonの口コミを見れば、顧客における被害も相当です。

最近では同様の手法をとる新進の家電メーカーも出てきており、その一方、顧客もステルスマーケティングを知っているので、この手法は今後は使いにくいとは思います。
私個人としても、多少高くても、大手家電メーカーの方がやはり安定していると思っています。

結局、アンカーも家電量販店が売上拡大には必要というのは、パナソニックや日立などの大手家電メーカーと一緒です。

連載の当初の流れからすると、日本の家電量販店を叩いていく様相でしたが、やはり家電量販店は大切なようです。
これは大手家電メーカーの方もおっしゃっていました。
家電量販店の販売力は自社のECでは足元にも及ばないため、家電量販店重視は避けて通れないそうです。
取引先との条件など、生々しくて、いい。
ECとリアル店舗の特性の違いと、客層の違いから、両方ともに進めていくというお話。
EC発でリアル店舗に進んでいく企業と、リアル店舗からEC展開していく企業の違いが興味深い。
いずれにせよ、「or」ではなく、「and」で考えていくべきことでしょう。
直営店の役割はECでは出会えない顧客と出会い、その声をまたECや家電量販店に活かすとのこと。赤字でも知名度拡大のため無理に出店する事はなく慎重に進めるとの事ですが、そもそもECとリアルが二項対立じゃないのが大切だなと感じます。
先日渋谷パルコを訪れた際、アンカーのショップに若い女性が入っていくのをみて実店舗の効果はありそうだと感じていました。たとえアンカーを知らなくても、価格には値ごろ感があり、出会い頭でモバイルバッテリーなどが購入されても不思議ではありません。

ちなみに、アンカーのロボット掃除機は2万円前後の製品の中ではWi-Fi連携や掃除性能が優秀なので隠れオススメ製品です。
Ankerもリアル店舗出す時代か。そして、すでにUSではかなりの規模リアルなんだ。


「アメリカにおいてもアマゾンの売上比率は大きくて、日本よりもむしろ速いスピードで伸びていますが、アメリカの家電量販店最大手のベスト・バイ(Best Buy)や最大手のウォルマート(Walmart)との付き合いは年々拡大しています。
2社に代表されるリテール企業経由の売り上げは、アンカー日本法人の売り上げ(110億円)よりも大きな市場規模になっています。」
新興メーカーの事業拡大戦略とAmazonとの関係性に注目。Ankerは間違いなくAmazonで有名になったメーカーの1つ。
この連載について
いま、家電量販店業界に「ある異変」が起きている。人々が、家電量販店へ行く頻度が減り続け、歯止めがかかっていない。一方、家電量販店側は、この変化に対応するため、他業種の企業を買収するケースが次々と出ている。家電を売る側・作る側で全く変わってしまった「新常識」を、NewsPicks編集部が掘り下げる。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.11 兆円

業績

三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.59 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.07 兆円

業績

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.29 兆円

業績

シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.12 兆円

業績

業績