新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「クラウド市場」が拡大している。
その背景は「業種を問わず、機械学習やAI(人工知能)への注目度は高く、リアルタイムでデータ分析をしたいというニーズ」の高まり。これに対応するには各社の内製化されたシステムでは全然足りないし、時間と金銭のコストも無駄にかかる。
リアルタイムでの膨大なデータ分析ニーズこそが、経済や社会のデジタライゼーションの「今」を語っていると思う。
クラウド市場の拡大に関しては、インフラはクラウド事業者に任せて、自分達はコードを書いてサービスを実際に構築することに集中できるようになる、という一面もあります。

需要の変動に柔軟に対応できる、という点も大きいです。事業成長時は利用量を見込むのが難しいため、クラウドを利用して、事業が安定してきて、大体どれくらい技術リソースが必要かがわかってきたタイミングでオンプレに切り替える、という運用をしている会社も出てきているようです。

最近はAzure Arcでオンプレとクラウドを同じ画面で管理運用できるサービスも出てきましたし、クラウドはますます利用しやすくなってきています。

ちなみに、ちょうど今日明日、マイクロソフトも技術者向けのトレーニングを提供する無料イベントを大阪で開催しています。
https://www.microsoft.com/ja-jp/ignite-the-tour/osaka
金融機関も確実にクラウドに移行すると思います。
一度クラウドを使い始めたら、もうオンプレには戻れないくらい便利かと。
クラウドの日本営業トップは既存オンプレベンダーの人たち。営業先が変わらずプロダクトが変わる。受入側の銀行もクラウドの導入や運用経験のある人が転職して対応すればパフォーマンス発揮できる。発注プロダクトは変わらず受入企業が変わる
コアは運用スキル。Devopsとかやってないところは除外「クラウド事業者で勝ち残るのは何社だと考えますか」「数社でしょう…簡単ではなく、巨大な規模を運用することは極めて難しい」
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
200 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績

関連記事一覧
「この強いAIは何だ?」オンライン麻雀の“謎”の答えは、マイクロソフト ──「不完全情報ゲーム」に強いAIは金融業界を変えるか
Business Insider Japan
40Picks

レポート:金融サービス業界を揺さぶるアップル、アマゾン、グーグルの動向
Business Insider Japan
34Picks

GAFAを意識した規制に注目、2020年度に金融機関が確認すべき法改正とは
FinTech Journal
13Picks

【速報】Microsoftがまさかの折りたたみスマホ「Surface Duo」を発表!OSはAndroid #MicrosoftEvent
ギズモード・ジャパン
8Picks

結局MicrosoftはクラウドサービスでAmazonを追い抜いたのか? - ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ
ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ
6Picks

アマゾンが2020年にゲームストリーミング業界に参入へ、海外メディアが報道。MSから関連技術者を雇う
電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?
6Picks

アマゾンが米政府提訴、国防総省のクラウド事業者選定巡り
Reuters
5Picks

キャッシュレス決済とAzureを連携 金融機関のDX支援へ、日本マイクロソフトとインフキュリオンが協業
ITmedia エンタープライズ
4Picks

トランプのアマゾン嫌いを鮮明にした「1兆円クラウド」の入札
Forbes JAPAN
4Picks

米金融業界にも訪れる「サブスクリプション」の波
ZUU Online|経済金融メディア
3Picks