新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的に感じるのはすべてのエリアで同じ情報が求められているのか、です。
東京の山手線だったら時刻表はまず興味がないし、目的地に止まる最も早い山手線に乗るでしょう(場合によっては京浜東北にも)。
大事なのは車両ごとの遅延ではなく、間隔や止まっているか、各車両の混雑はどうかだと思います。
一方で間隔が10分以上空く線は事情が変わってきて、どの程度の遅延かが重要な意味を持つと思います。
私も地元の千葉県や地方にいるときは時刻表重視ですが、23区内でJRとメトロ、都営地下鉄を乗り継ぐときはどの路線に乗って全体でどれくらいかかるかは意識しますが、個別の時刻表はあまり意識しません。
そんななかでユーザーやエリア別にどうやって最適化を目指すかが大事なのかと思います。
なお、素人考えでは情報連携に関しては各車両に何台か通信機能のあるタブレットか何かを積んで、位置情報と混雑状況を送ってしまえば、そんなに難しいシステムを組まずとも、会社間の情報は繋げそうな気がしています。
もちろん、情報の正しさやその責任は列車交通各社に任せるのは難しいとは思いますが、乗り換えや地図アプリ事業者側が一次責任を追えばできそうな気がします。
これはバスなどの列車以外の交通機関も同様です。
車両毎の混雑情報をお願いします。
電車の位置情報データはあるでしょうから、公開してくれたらみんなの役に立つと思います。あと混雑状況も出してくれると便利になりそう。新しい電車は監視カメラ付いてるので、そこで混雑状況はわかるかな。
素晴らしい。IoTですね。
西日本旅客鉄道株式会社(にしにほんりょかくてつどう、英語: West Japan Railway Company)は、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業および船舶事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
1.25 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.28 兆円

業績