新着Pick
673Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PASMOは長らくモバイル対応していなかったので、地下鉄通勤にも関わらず毎日モバイルSuicaで電車に乗っていました(外出が多いので定期券は買っていません)が、ついに対応とのこと。まずはAndroidのみとのことですが、さすがにiOSにもそのうち対応するでしょう。

とはいえ、モバイルSuicaとモバイルPASMOで電車料金が変わるわけでもないので、メインのニーズは定期券ユーザがプラスチックカードのモバイルへの移行ですかね。

あとは工藤さんがコメントされていますが、ポイント交換先が異なるのでメトロポイントを集めている方は物販をモバイルSuicaからモバイルPASMOへ移行というのはあるかもしれません。

ただ、溜めている方が多いANAマイルとメトロポイントの交換ルート(所謂ソラチカルート)が閉鎖されたので、メトロポイントはPASMOやnanacoへのチャージニーズが多い方が移行されるかもしれませんね。
元々JR東日本は、モバイルSuicaをリリース前(2006年以前)からPASMO協議会に持ちかけていました。
しかし、PASMO協議会は断ったのです。
その状況で、JR東日本はコツコツと努力を重ねて、モバイルSuicaを今の地位にしたのです。

それを今になってPASMO協議会がモバイルに乗りたいとJR東日本には言えずに、独自で開発したのです。
今更感があります。

既にこなれたモバイルSuicaに対して、新参のモバイルPASMO。
トラブルが起きないことだけを願います。
ユーザー目線に立てば、PASMOとSuicaの違いはまったくない。すでにSuicaで地下鉄も、タクシーも、コンビニでのちょっとした買い物も事足りている。もちろん、ここでSuicaと呼んでいるのはiPhoneのwalletに入っている「モバイルSuica」のこと。
個人的には、Suicaは、メルペイなどがベースにするIDと比べて圧倒的に速く決済出来て便利だと思っている。
しかし、いまさら、それと大して変わらないPASMOがAndroid限定でこの分野に入ってきて、勝ち目があるとは思えない。
それとも、大規模なポイント還元キャンペーンでも打ち出すというのだろうか?
Suicaと同居可能とは書いてないですね。

排他登録でしょうか。
もはや出張者としてしか日本に行かないのでいろいろと海外携帯とかで設定が面倒臭さそうなやつはあまり使ってきませんでした。

来月行くときに心を改めて使えるようになってみようかな。。。
iPhone対応は当分先でしょうね。
私はモバイルSuicaを使うために、わざわざ秋葉原⇄御茶ノ水の定期を買っています。
期待。
はよ、iOS対応を。(ノシ 'ω')ノシ バンバン
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.86 兆円

業績