新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その人が善人であること、が前提条件になると思います。

成長を口にしがちな方に対して、ズレている感覚を覚えることが私は少なくありません。

成長と成功は、少なくとも因果関係にあり、外部へ直接影響を与えるのは、後者だと思われます。

成長と成功をトレードオフに捉えるべきではなく、択一な状態にならないように、利己的な発想を持たない人であれば、はじめて、

実感しやすくコントローラブルな成長を見つめ、成功をめざすべきかと。
成長は、努力をしていれば確実に得られるものだけれども、ショートカットして手を抜いたら、将来どこかでボロが出ます。

成功は、運も味方するので、努力だけではどうしようもないことが多いけれども、幸運にもショートカットしても成功することもあります。

それなりにビジネスキャリアを積み重ねて来て言えることは、努力して成長したことは決して無駄になりません。

そして、成功は価値観が変わると、成功の意味や何が成功かも変わります。
だから、成功体験は、永遠に有効だと思わない方がいいです。
「成長」は相対値、「成功」は絶対値のようなものなので、経過でみるか、結果でみるかだけで、同じもののような気がします。

どちらかにフォーカスするとすれば、「成長」でしょう。「成長」の積分値が「成功」になると思いますので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
成功という結果を目的にしない。

成功しようと思ったからといって、成功できるわけではない。

特に対外的な評価を得たいという動機では、なおさら成功しにくい。

成長を実感しながら、努力を続ける。その結果、成功することがある。成功しなくてもあきらめない姿勢が大切です。
理想はその通りですが、仕事で求められるのは結果、というところが、つらいところ。
成功って、条件次第で不成功、失敗になったりする…。ある意味結果論とも言える。成功の状態定義をしっかり見定め、自身の取組みによってどれだけ近づけられるかの過程がとても大事だと思う。八方塞がりで悩んだり、壁にぶつかったり、想定外の問題に直面することもある…これを乗り越えようとする行動一つずつが自身の成長に繋がる。"やりきること"の先に、必ず"成長実感"がある。もちろん、取り組んだ結果が成功になると喜ばしいが、成功したからといって、成長実感を十分得られるとは限らない…。どれだけ熱量上げて、取り組んだか…努力は裏切らない。その積み重ねを大切にしたいと思う。
日々の成長なら自分自身で感じることができますね。
日々の小さな積み重ねが成功に繋がることも少なくないと思います。
成長を意識することで、自分の中で気持ちを盛り上げながらモチベーションを保つこともできそうです。
んんん、、、しっくり来ないな。成功を本気で目指すから成長するのであって、仮にそれが失敗に終わってもそれはそれで大きな成長につながると思う。
成功は他者からの評価、成長は自分の納得という見方もできると思います。

成長を続けていくことが、成功状態の維持に繋がるので、成長なしに成功もあり得ないのではないでしょうか。
どう感じるかは、人次第。