新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弘中弁護士が辞任するのは、当然だと思います。

被告人に遵守事項を守らせることを裁判所と約束して保釈を勝ち取ったのに、当の被告人(ゴーン氏)が遵守事項を破ったのですから。

弁護人は、被告人の保護者でも家族でもありません。
四六時中見張っている訳にはいかないのです。
被告人が強引に逃亡した責任まで弁護人に転嫁されたのでは、たまったものではありません。

余談ですが、在宅起訴(身柄拘束されていない)の国選弁護人を受任したとき、被告人が寝坊して法廷に現れませんでした。

裁判官が弁護人である私を責めましたが、
「一緒に住んでいるわけじゃないのにそこまで責任取れるかよ!在宅起訴にした検察官の責任じゃねえか」
と、思ったものでした。
依頼者との信頼関係が喪失してますから、辞任は妥当でしょう。
ゴーン被告と裁判の継続をできなければ、弁護人をすることができませんから、当然のことでしょう。

弘中弁護士は無罪請負人として有名な方ですが、今回のようなことは初めてで無念であろうと思います。

記事を見る限り、ゴーン被告と連絡を取れ、帰国しないとの見込みの上での判断のようです。

ですが、河津弁護士だけは当面弁護人を続けるそうです。
色々な意味で当然の帰結だと考える。

弁護団がゴーン氏の同意を得た上で裁判所に提案し、裁判所との間で約束した保釈条件を破って逃亡した方とは信頼関係は保てないだろう。
また、別の視点でいえば、彼らが弁護人であり続けると、裁判所との関係ではゴーン氏のための手続きを進めなければならないが、ゴーン氏は日本での刑事手続を進めるつもりはないであろうから、弁護人としてなすべきことと依頼者の意思がねじれることになる。
(そこが理由ではないだろうが)報酬の定め方によっては逃亡以降の業務はボランティアになる可能性もある。依頼者からの損害賠償請求や懲戒請求のリスクを背負ってボランティアで業務を続ける必要もないだろう。

あれほどの事態が起こった以上、辞任はいつでも可能なので、公判前整理手続期日の前に辞任するのではないかと予想していたが、期日当日の辞任ということなので、期日には出席されたのだろうか。
だとしたら、裁判所との間で仁義を果たされたのだと感じる。

河津弁護士が弁護人を続けるとのことだが、むしろそちらの方が意外である。
裁判所からの書類の送達を受領したりするためだろうか…。
ちなみに本人の代わりに裁判所から送達された書類を受領するためには本人の署名を得た書類を裁判所に提出する必要があるが、ゴーン氏は日本の裁判手続きにどこまで協力する気があるのだろうか。
被告側の弁護士の姿勢についてパソコン遠隔操作事件と同じ匂いがするんだよね。
もっと酷いかな。

【追記】
信頼関係がなくなったとか、そんな話じゃなくて、ゴーンの逃亡に利用されたんだって。それなのにあんなブログ書いて。ノーテンキでイイね。弁護団も馬鹿にされてたんだよ。気が付いてる?
被告人が海外に逃亡したら仕方ない。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.59 兆円

業績