新着Pick
57Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電通イージスのiProspectが音声アシスタント技術を提供しているとの記事。音声アシスタントは将来大きな変革をもたらすと思いますが、普及には生活習慣を変える必要があります。我が家では音楽と天気がメインで利用してますが、今後フィットするコンテンツがでてくるといいですね。

ちなみに、ネイトさんとはお会いしたことがあるのですが、めちゃくちゃ日本語がうまいですw
音声検索は便利だと思うのですが、日本人は簡潔な一文として正確に指示するのが苦手です。単語の羅列になるか、中途半端な文で後は察して欲しい、となりがちです。なので、ボットと会話するリテラシー教育が必要な気がします。

もしかすると、新井先生の「教科書が読めない子どもたち」と同根の問題かもしれないとも思います。
2年くらい前だったか、音声認識レベルが人間とほぼ同じになったと聞いたので、物は試しと思い、Amazon Echoのスキル(音声認識アプリ)を作ってみました。

よくあるクイズなのですが、作ったからどうだって感じでしたね。今はスキルのプログラムを置いていたAWSも解約したし。

その後、Google Home と LINE Clovaを購入したものの、リビングのお飾りになってしまっています。

ここまで書いて終わったら、単なる愚痴になるので、どうやったら日本市場でこのスマートスピーカーが伸びるかを考えてみました。案として。

① スマートスピーカーから聞こえる声が、自分が好きな歌手や俳優の声に自由に切り替えることができ、その声と会話ができる。スマートスピーカーを呼ぶときの名前もそれに合わせて切り替わるとさらにいいか。「アレクサ〜」じゃなく、「アンジェリーナ〜」とか。。。そもそも日本語ムリか。

② スマートスピーカーが眼(カメラ)を持ち、こちらの様子を見てスマートスピーカーから声かけてくれる。「なんか今日は元気ないようだね。だいじょうぶ?少し元気になる曲かける?」とか。「おめかししてどうしたの?デートか?頑張れよー」とか。。。でも余計なお世話か。

③ 友達同士や家族で話しているときにフツーに会話に交ざってくる。少子化で将来の年金が心配だよね、って話しをしてるとスマートスピーカーが割り込んできて、「2019年は・・出生数が初めて90万人を割る見込みで・・出生数は1.42%で・・」とか。。。いやいやそこまで聞いてないから。

でも、スマートスピーカーと言いながら、「なんて言ったかわかりません・・」って言うときもあるくらいだから、まだまだスマート(賢く)になっていないのが伸びない理由かも知れませんね。単純に。
日本で独自に進化しているツイッターのように音声アシストも普及すれば独自の使い方が出てくるのでは,,,,,そんな気がしてくるインタビューでした。少なくとも高齢化が進むと音声アシストは重宝すると感じます。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
235 兆円

業績