新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大豆の世界的な生産地は南アメリカです。ブラジルやアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイなどで生産が盛んです。

中国は国産大豆の値段が高いため、安価な外国産大豆の需要が増えています。国産大豆の値段が高い要因は様々です。生活水準の向上にともなった肉類需要の増大、それを背景とした飼料用としての大豆需要の増大が見られます。

中国市場への輸出を進めているのはブラジルやアルゼンチンです。実際にブラジルの最大輸出品目は「大豆」であり、アルゼンチンは「植物性油かす」です。ブラジルでは大豆の栽培地を拡大するため、熱帯林の減少が一部ではみられるようです。
輸入関税撤廃の影響は大きいですね。
中国の米国産大豆の関税率は、2018年6月までの3%から2018年7月に25%、2019年9月にさらに5%上乗せされ33%に上がっていましたから、さすがに響いていました。
これで、日本にも輸入大豆価格の上昇という形で影響は避けられませんね。