新着Pick

日本初「無人コンビニ」が山手線新駅に出店する

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
349Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この種の無人店舗は中国などで失敗例も多いのも事実です。商品選択肢の少なさや、無人であるのに安くはない点が課題となっっています。
出店戦略・品揃えの観点や如何に魅力的な体験型店舗にしていくのかが課題でしょう。つまり、単なる「でかい自動販売機」や近くにある普通のコンビニと何が違うのか?という点も突き詰める必要があると思います。。

https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1911/13/news021.html

後は需要予想するAIと組み合わせたりするとさらに在庫面の効率化も進むでしょうね。但し、実際問題、在庫補充の為の最後の一人の壁は高いと思います。

https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20191019_170303.html
1. 駅ナカと無人(決済)店舗は相性が良い
現状の無人店舗の場合、SKUが少なかったり、免許品を販売出来ないなど、品揃えが通常の店舗より悪くなります。つまり、集客能力が落ちるので、有人店舗よりも競争力がありません。しかし、駅ナカや病院やオフィス内の閉鎖立地は競争が限定的なので、限定的な品揃えでも理論上は勝負ができます。

2. 無人店舗設備の最小化
閉鎖立地であれば成り立つ可能性はありますが、品揃えが限定的である以上、売上も限定的になります。よってはスケールアップの成否は損益分岐点を最小化する事にかかっています。その意味で、AmazonGOのようにコストをかけるのではなく、決済の無人化に注力し初期投資やランニングコストを最小化する事は正解。

3. スイカの強み
駅ナカ店舗をJRが行う強みは、スイカ決済がほとんどを締めるだろう今年です。キャッシュレスの小売店での課題は、決済業者への支払い手数料が収益を圧迫する事です。そもそも利益率が高くない業態ですから。駅ナカ事業無人決済店舗において、スイカがある事は確実に強み。

4. 決済のスピードはやっぱりポイント
駅は皆が急いでる場所なので決済のスピードは何よりも大切。これは、記事の通り改善されているはずです。

5.物件を持つJRの強み
結局、家主であるJRとしてはテナントの入れようのないプラットホームを活用できたり、プラットホーム外であっても、家賃プラスアルファで少しでも利益が出れば御の字。その意味で、期待収益率?というのは、既存小売企業より低くなると思うので、通常の小売事業よりもアドバンテージは多いと思っ
コンビニの時短営業や元日休業などが話題になりましたが、無人決済コンビニのシステムが普及すると改善されそうです。
全く無人ではなく、自動販売機のように人が商品補充を行って定期点検をするという策は現実的だと思います。
利用者のモラルも問われると思いますが、無人だからこそモラルをもってみんなが利用してくれることを祈ります。
無人決済が当たり前になり、より単純作業の無人化を実現する為に納品→検品→棚出の自動化なども進んで欲しいなと思います。
現行のJR品川駅のNewDays(同じJR東日本リテールネットが運営)にはセルフレジが店員さんによる窓口レジと共に併設で導入されていますが、お昼時や夕時など混雑する時間帯でも、みな店員さんのレジに並び、セルフレジを利用する方は見かけません。やはり全面的にレジ回りの人の手を無くさなければ人件費抑制効果はほぼないのだなと感じました。本取り組みが成功して全国に広がればと願います。
これは行ってみたい。

ユーザー側にとっては無人化って人がいないことがポイントじゃなくて、UXがどれだけ高いかというところが大事ですので、使ってみないとなかなか良し悪しがわからない。

AmazonGoはアマゾンユーザーには本当にさくっと使えて便利なんですよね。
社会的意義からすると、都心よりも地方の方が無人コンビニが必要なのでは?といつも思います。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
180 兆円

業績

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.82 兆円

業績