新着Pick
657Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「誤って撃墜」が「ウクライナ機を標的と誤認した」のか「まったく意図せずウクライナ機に当たってしまった」のかはっきりしませんが、一連の軍事緊張が大変な事態を巻き起こしてしまいました。
(この部分に追記:声明で、ウクライナ機が「革命防衛隊の軍事拠点の方角に向かうなどしたため、不注意で撃墜した」と述べており、「標的(攻撃)と誤認」のようです)

犠牲者がカナダはじめ多国籍に渡ることでイランが外交的に難しい立場に置かれるかもしれないという影響と、多数の自国民が犠牲になったことが国内世論にどう影響するか、両面を見ていく必要ありそうです。
念のためウクライナ航空機が飛行方式とくらべおかしな挙動をしたか見てみましたが、まったくおかしくはありませんでした。現地の明け方に起きた事件でしたが、明け方には他にも複数の国際線がテヘランを離陸して北西への進路をとって飛行しています。
決められた場所を飛んでいるだけで、勘違いされて撃墜されるというのではその防空システムはいったいどのようなロジックで作動するものなのでしょうか。今回たまたまウクライナ航空機が被害にあっただけで、1時間ほど前にはトルコ航空やアエロフロートの便も飛行していました。彼らも勘違いで撃墜される恐れがあったわけですが、今後のイランの説明次第ではイランへの離着陸を安全に行うことができないということになってしまいます。
責任をなすりつけあって非を認めないマレーシア航空機撃墜事件よりはマシですが、イランにはしっかりと経緯を説明してもらう必要があります。
あれだけの映像が出てしまいましたからね、認めざるを得なかったと思います。分かってはいたけれど、アメリカの出方を確かめてからの発表だったのでしょう。

そう考えると、両国が戦闘状態に陥る懸念は現時点では低そうです。
やはり誤認でミサイル発射してしまったのですか…
高度な厳戒態勢中だったというのは事実でしょう。

ところで、あのタイミングで、このウクライナ機は何故departureしたのでしょうか?
アメリカとイランの緊張の高まりで、民間機は次々とキャンセルされていた時でしたよね?それが一番謎です。

https://www.afpbb.com/articles/-/3262653?cx_amp=all&act=all

イラン・イラク領空を航空各社が回避 一部欠航も
ついに発表しました。
撃墜するつもりはなかったそうです。

空港の場所は分かっていたのに、飛行機の灯火は見れば分かるものなのに、地対空ミサイルで撃墜するとは、お粗末な話です。
しかも、自国民も含め多くの方が亡くなりました。

もっと早くに分かっていたはずなのに、今になって発表したのはもう観念したからでしょうか。
アメリカがすぐにでも報復するかもしれない。引き金を引いてしまった兵士は怖くてたまらなかったのでしょう。時として、恐怖は怒りよりコントロールするのが困難です。

今回の事件は胸が痛む悲劇です。たとえ意図がなくてもイランの蛮行に弁解の余地はありません。せめてもの救いは、引き金を引いてしまったのが核兵器ではなかったことです。そしたら人類は終わってました。

だから、核抑止は危険なのです。それでも核を信じる人、「スタニスラフ・ペトロフ」とググってみてください。その時いたのが彼ではなくこのイラン兵士だったら、今頃世界はどうなっていたでしょう。
最初からわかっていたはず。
否定しつづけるのが難しくなったので一転認めることにした?
報復でアメリカ兵に犠牲は出ず、同じタイミングで自国民を多数殺傷した責任は問われないのか。
イラン側がウクライナ機の航空識別信号を見誤って対空ミサイルを発射してしまったということか。しかし不可解なのは多くの民間機が飛んでいる中で、なぜウクライナ機だけが撃墜されてしまったのかということだ。察するに、イランの軍事施設に近寄りすぎた、挙動がおかしかった、米軍機接近の誤報が伝えられた、といったあたりで防空部隊が混乱したのだろうか。撃墜の動画とされているものは以下で公開されている。
https://www.youtube.com/watch?v=RKnpuBecwpU
>「事故」との主張を維持できないと判断したとみられる

当初は事故で通そうとしたが、それが維持できなかったので撃墜を認めたとのこと。

米国との緊張感が高まっていた状況で、「撃墜」と報じることができなかった事情はわかります。

しかし、「事故で通そうとした」という姿勢が、対米強硬路線を主張していたイラン政府の見解と相容れません。

イラン国民や過激派組織は、果たして納得するのでしょうか?
誤って撃ち落とした、か…。核ボタンも誤って押したらその瞬間世界は終わるね。案外世界の終わりなんてそんな形で来るのかも。