新着Pick
914Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CES2020の会場で、多分このレポートを書いているのはNewsPicksだけじゃないでしょうか(笑)。招待制のイベントに招かれて、人間の体を「リチャージ(充電)」するためのテクノロジーを集めた、不思議なトレーニングスタジオの取材をしてきました。

一見すごく怪しいのですが、実に気持ちよかったのが「瞑想マシン」です。20分ほど横になって、目、耳、体を包み込まれるようにして、体をリセットしてもらいました。果たしてあれが深い瞑想だったのかは別として、とても気持ちがよかった。

種明かしは記事の最後ですが、実はこれはある有名な日本企業が、その社名をまったく出さずにすすめているプロジェクトです。まずはロサンゼルスから始まり、その後にはニューヨークにも展開したいとのことで、今後も注目です。
面白いプロジェクトが出ていました!

日本のあの有名企業のプロジェクトだったのですが、これまでの事業とどういう関係があるのだろう、と思うほどに違った分野へ舵を切った取り組みでした。そもそも、リチャージというコンセプトがとても面白く、普通のジムとは違う感覚です。新しいスタートアップのテクノロジーが詰まっていて、体験型のスタジオです。

「新しい2020年からの時代は、「体験の時代」になる」、プロジェクト担当者の言葉通りの興味深い体験が詰まった空間でした。
ヤマハさんはかなり前からシリコンバレーに拠点作って、積極的に色々とやられてきてる。
その辺のネットワークなどが結実したのがこれなんだろうなぁ。

個人的には、やはり運動は外で自分の体を動かしてやりたいし、自動運転が実現したら窓の外の風景を見ていたい。
でもそれは僕が割りと健康でまだ若いからであり、そうでなくなった時にこういうものが役に立つんだろうね。

だからこそ余計に健康に気を使わねばと思いました。
「人間が運動をしたり、楽器の練習をしたり、語学の練習をする時に働く、脳内のニューロンの仕組みに注目。その部分を電流で刺激し、活性化させるデバイスを開発した。」

論文によると、パフォーマンス改善は
・サイクリング:17%
・ランニング:15%
・ピアノ演奏:30%

仕組みは、運動の司令塔である一次運動野を刺激するそう。一次運動野は、頭頂部の大脳皮質にあるので、頭皮からの電気刺激が届くのでしょう。

=参考=
論文集
https://www.haloneuro.com/pages/researchpapers

一次運動野
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/一次運動野
テクノロジーの内容はもちろん、仕掛けている企業にびっくり。深い瞑想をするためのハードウェアがあるとは、知りませんでした。微振動するベッドに横たわり、鼻には酸素チューブ、さらにヘッドホンとアイウェアを着けるとのこと。

瞑想を始めとする「何もしない」ことによるリラックスは、練習が必要との認識です。初めは落ち着かないことも多い中で、繰り返していくとリラックスにも深さがあることがわかってきて、その日の自分がどの辺りにいるのか、自分でわかってくるもの。それは自己の観察を通して得られるものなんですよね。

テクノロジーでリラックス状態が得られること自体は素晴らしいと思いますが、自分で自分を癒してあげられることとは少し種類が違うのかもしれません。とはいえやってみたい。。
記事では一回でも、コメントでたくさん出ちゃうかもしれませんね笑
「記事を書いてくれるのは嬉しいけど、ヤ●ハの社名に触れるのは1回だけね」。
未来のジムは、単にカラダを鍛えることから、リチャージするための"REST"も提供するようになると個人的に思う。人間だからこそ、"REST"は必要不可欠なのだが…、"REST"の質を高める取組みは、今後個人的に注目したい。そこに何かしらの価値を齎せたら、人間しか出来ない、"Creativity"を増創することに寄与出来ると思う。
衝撃のラスト。仕掛けてるのがまさかの◯◯◯。

心身ともにベストパフォーマンスを維持したい欲求は世界共通でしょうし、しかも鍛えるだけじゃなくて回復も重視してるのでウケそうな予感です。どちらも単体では色々情報がありますけど、1つのサービス(施設?)内で完結してる方が楽でいいです、個人的には。
上陸お待ちしております。

やー、それにしても
まさかあの企業がこんなことを考えていたと
(注意:冒頭にネタバレあり)






最後までYAHAMAとはわからなかった…後藤さんと洪さん、すごすぎ。

映画「MATRIX」の世界にかなり近づいた感じですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
スポーツトレーニングにリチャージというコンテンツをいれたところがユニークですね。20分の瞑想でリチャージできるBioharmonicsは一度体験してみたい。