新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、平均寿命の伸びが停滞しはじめた15年から20年ほど前から予見されていたことです。

予想が現実に変わり、昨年11月にJAMAという雑誌で大々的に報告されました。

2014年から、平均寿命が短縮しはじめたのです。

特にそのような現象が強く見られた地域は、オハイオ、ケンタッキー、インディアナ、ウェストバージニアのオハイオバレー地域、ニューハンプシャー、メイン、バーモントのボストンを除くニューイングランド地域に限られていて、「寿命が短くなった」わけではなく、若者や中年世代での死亡が増えたのが特徴です。

原因は、薬物、アルコール、自殺。こういったことが都会でなく田舎でより色濃く影響が出ているところに興味深さがあります。

日本でも、社会的孤立、飲酒問題は生じ続けており、将来日本で同じことが起こらないとは限りません。これを対岸の火事とせず、他国から学ぶことも大切だと思います。
平均寿命を縮めるほどの、若年~中年の死亡の増加は由々しき事態。
日本も他人事ではないと思う。

ほっといたら同じ事態になりかねないやろうから、米国の現状を反面教師にしてとれる対策を講じていかないと。
先進国の中で例外的に平均寿命が年々短くなっているアメリカ。寿命の伸びが頭打ちになったということではなく(もともと米国人の平均寿命は30位台で、決して高い方ではありません)、アルコール、薬物、自殺といった「社会要因」が影響しているとの調査結果。