新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはとても景気の良い話ですが、漁業者は流通(市場関連、小売)にかなり搾取されています。

水産業の生産者の取り分は、一般的に28%と言われています。(青果は45%)
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/kihonkeikaku/pdf/36kikaku_shiryo1.pdf

これを改善しなければ、漁業の未来はありません。
しかし、このような現状は漁業特有の流通の複雑化から産まれており、一部では直接小売に卸すことで多く収益を得ている漁業者もいます。

市場があることにより、価格が需要と供給のバランスにより決められ、魚介類が消費者に行き渡るのは良いのですが、漁業者(農業者も)の生活そして未来を創ることを考えねば、日本の食料生産は潰えると思います。
毎年初競りのニュースで「すしざんまい」の社名が、日本中で報じられている。広告効果を考えれば、木村社長にとっては安い価格なのでしょうね。今後、すしざんまい以外の業者が競り落とした年が出てきたら、さらに大きなニュースになりそう
プロモーションコストと割り切ってるんでしょうが、、、それにしてもすごい。
価格にはもろに反映はできないだろうから、食べに行きたくなっちゃう。
どれだけメディアで取り上げられるか次第ですが、キー局の15秒CMの費用が30~100万円であることからすれば、キー局で合計80分以上取り上げられるだけでも十分ペイできることになりますね。
毎回必ず、いくらでも「すしざんまい」の木村社長が競り落とすとなると、競合は初めから参加しなくなるので、どんどん値段が下がってくると思います。
良い宣伝になるし、お客も喜ぶし、猟師さんも万々歳なので正月早々、良いニュースです。
【社会】毎年毎年、金に糸目をつけずに「すしざんまい」が下品に競り落とすことが恒例化しているけど、果たしてマグロ本来の質はどうなのだろうか?
この広告費用対効果は高いですね