新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事と直接関係がなく申し訳ないが、高野弁護士のブログを貼り付けておく。

彼が見たもの : 刑事裁判を考える:高野隆@ブログ http://blog.livedoor.jp/plltakano/archives/65953670.html

否認事件の刑事事件の被疑者被告人を取り巻く現実をより多くの方に知ってほしい。

「一向に進まない証拠開示、証拠の一部を削除したり、開示の方法に細々とした制限を課してくる検察、弁護人に対しては証拠の目的外使用を禁じる一方で、やりたい放題の検察リーク、弁護人の詳細な予定主張を真面目に取り上げないメディア、「公訴棄却申し立て」の審理を後回しにしようとする公判裁判所、いつまでも決まらない公判日程、嫌がらせのようにつきまとい続ける探偵業者などなど。」

こんな状況で、公正な裁判を期待できなかったゴーン氏の気持ちは理解できる。

我々は被疑者被告人のために検察官や裁判所と戦いつつも、被疑者被告人に対しては時に日本の制度のスポークスパーソンにならざるを得ないが、そういう時は自分の無力さに胸を引き裂かれるような気持ちになる。

多くの刑事弁護に取り組む弁護士が彼を声高に責め立てないのは、そんな事情があるからだ。
文中高野弁護士が書かれているように、それはこの国で刑事司法に携わることを生業としている我々にとっては自己否定的な考えである。
私はそんな現状を悔しく思う。
アメリカでは民間軍事会社がビジネスを発展させています。2018年12月に放映されたNHKスペシャル「紛争ビジネス」はそこに切り込んだ秀逸な作品です。冷戦が終わり、終結時210万人いたアメリカ軍の兵士は2000年には140万人にまで減ります。職を失った元兵士たちが次々と軍事会社を立ち上げました。NHKはワシントンの大手軍事会社の内部に入って取材しています。15年前に退役軍人3人で立ち上げた会社は、今は年間売上120億円、社員700人に成長しています。紛争が起きるたびに、当事国の軍事訓練を引き受けているようです。番組の冒頭では50億円でボスニアの軍隊を訓練する民間会社の様子も描かれています。そんなプロたちが今回も暗躍したのだと思われます。

NHKスペシャルはYouTubeでも見られます。
https://youtu.be/2RCJlrI3oG4
一気に日本の2時間ドラマからNetflixオリジナルドラマになった様相。日本の弁護士が「全く寝耳に水」と言っていましたが、真偽はともかく、あの「作業着、マスク姿で偽装し拘置所からでる」という提案をした時点で、もう日本サイドは見放されていたのだと思います。民間軍事会社の支援を受けるなど、違法行為とはいえ、レベルが違いすぎる。
なるほど、件の元特殊部隊隊員というのは、2009年にアフガニスタンのタリバンからニューヨークタイムスの記者を救出したことでその名を知られる、あのグリーンベレーのマイケルLテイラーですか。
もう何が出ても驚かないですが、民間軍事会社界のゴルゴ13的な人物を雇うのにどれほどのお金と裏の力が必要なのか、どうしてそこまでしてゴーン容疑者がレバノンに逃れたかったのか、こうなると多少の想像力を働かした方がいいかもしれませんね。
予想的中。矢張り人が無理な体勢なく入れるPA音響ケース。
呼吸用の穴も空けやすい。

https://newspicks.com/news/4506003/?utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid480270&utm_campaign=np_urlshare
ゴーンさんの仕事能力の高さが伺える。
彼の仕事術は常に彼の正義とルールに基づいている。

つまり、彼の正義に合わない組織やルールは彼の正義とルールに変える。その為にお金と手段は問わない。だから日本の司法には従う訳はない。何故なら、彼の正義とルールには明らかに合わないからだ。

このやり方、そうは言っても、社会のルールに依拠しているべきなのだか、彼はそれをも乗り越えてしまった。

ここからは、得失点差の戦いなのですが、ここまでしないといけない、日本の司法環境の問題と、彼という人材を優れた経営者とする組織というか、そのルールにも問題はありますね。

ゴーンさんからは、優秀とは何かということ、正義とルールとは何かを考えさせられますね。

どこまでもグレーを極め、血筋を上げて、Gray is safeと叫ぶことに優れた能力を使うのは本当に優秀というのだろうか。
X線検査を誤魔化せる、ということか。
買収していたと思ったが、そうではないのかも。
どういう方法かすごく興味があるな。
X線検査を受けないと想定することはないだろう。リスクがあり過ぎるから何らかの対策をしたはずだ。

【追記】
職業倫理がない専門家は自分の立場、能力・経験、限界、影響がわからない。好き嫌い、自分の利害のみで判断するからだろう。
日本のメディアは今回の事件に関しては、完全に蚊帳の外なのですね。
確かに、どうやって逃亡したか?が大事ではないとは言いませんが、今大切なのは、どうして逃亡したか?ではないですか?
私は、ゴーン氏の口から、どうして逃亡したのか?司法や検察のどこが不当だと思ったのか?何を言われたのか?などが聞きたいです。
米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの報道。楽器ケースではなく、「音響機器運搬用の黒いケース」となっています。プライベートジェットの到着時刻や元米陸軍特殊部隊員と同名の男性ら2人が同行していたとの情報など次第に詳細が出てきました。
コメント欄にもある高野弁護士のブログと合わせて読むと、感じ方が異なります。これが良いきっかけになることを望む。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.64 兆円

業績