新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
香付きの商品を作るには、合成香料か天然精油を使用する。
合成香料は化学的に作られた香成分で3,000種類以上ある。天然精油はオレンジ油、ラベンダー油、ローズ油など果物や花などから抽出したオイルである。
最近の化粧品は、合成香料が嫌われていて、合成香料不使用とパッケージに記載している化粧品もある。天然精油はいい香りでイメージもいいが高価で、ダマスクバラオイルはキロ単価100万円以上するものもある。


合成香料は、化粧水など皮膚につけるもの用か、シャンプーなど洗い流すもの用かで成分が違ってくる。最近の洗剤は香付きの物が多く、洗い流すもの用の合成香料が使用されていると思われる。
香りは匂いが飛びやすいので、香りが特徴の化粧品は機密性の高いガラス瓶にした方がいい。洗剤などはプラスチック容器でも香がずっと続くので、かなり強い香料で配合量も多くしていると考えられる。


洗い流すもの用の合成香料は香が残るように作られているので、香が苦手な人には迷惑になることもある。
最近は匂いのせいで気分が悪くなるなどの香害が注目されており、空気中の香の強さを調節できれば、香害被害も緩和されるかもしれない。
香料の使用を効率化できるというのは確かに役にたつと思いました。
「空気中の香料の濃度を測れば、におい強度が予測できる仕組みを作った」
花王株式会社(かおう、英語:Kao Corporation)は、東京都中央区日本橋茅場町に本社を置く大手消費財化学メーカーである。コーポレートアイデンティティは、「きれいを こころに 未来に」。 ウィキペディア
時価総額
3.16 兆円

業績