新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当然だろう。

弁護士バッジを賭けてまで、彼を逃がすことは、弁護人としての任務には含まれていない。
犯人隠避罪にもあたることになる。

他方、ゴーン氏の声明がアメリカの弁護士を通じて発表されているが、アメリカの弁護士はどの程度関与しているのだろうか。

一私人たる弁護士がゴーン氏の逃亡を完全に防ぐことは不可能である。
他方、犯罪捜査規範(253条)には、管轄の警察署長に、保釈中の被告人の視察を「少なくとも」月一回させるとの規定がある。
逃亡されたことを責められるべきは、警察であり、出入国管理業務を管轄する法務省である。
弁護人や、ましてや保釈を許可した裁判所では、断じてない。

なお、日本の検察庁はえげつない。
本件でも、保釈が認められたことに対し度々憤りのコメントが出されていたし、あり得ないような強引な捜索押収までしてきている。
その前提からすると、本件でメンツを潰されたとして、弁護団に対し、強制捜査を行うのではないかということが強く懸念される。
本件のような超一流の弁護団がそのようなことを行うはずなどないことは、当然わかっているはずだが、それでもやるのではないかと思う。
そうならないことを切に願う。
当然、知らないでしょう。

せっかく勝ち取った保釈だったのに、海外逃亡をされるというのは弁護士にとって裏切られたようなものですから。

私には幸いにして経験がありませんが、保釈中の被告人に逃げられて「メンツ丸つぶれになった」と嘆いていた弁護士が何人かいました。

偽造パスポートを使ってプライベートジェットで逃げるなんて、私たち日本の一般庶民には想像できません。

弘中弁護士を責めるのはお門違いです。

無理筋で再逮捕したり長期間勾留をした野蛮な人質司法の担い手たちが、大いに反省すべきです。
あの時の検察のムチャクチャなやり方には、海外からだけでなく国内からもゴーン氏に対する同情の声が上がりました。

私も随分批判した憶えがあります。
事前に知らされていた筈がないです。ましてや、逃亡に加担することなどあり得ません。
こんなふざけた話はない、ゴーン氏は日本をなめている。日産を食い物にしたあげく日本当局に恥をかかせている。この様な白昼堂々とした逃亡劇は普通の犯罪組織では不可能、おそらく今回の逃亡劇には、レバノン当局が国家として絡んでるいる可能性が強いと思う。日本政府は毅然とした対応を取ると共に国際世論にも今回の犯罪性を強く訴えるべき。そもそも司法はその国が独自に持っているもの、日本の裁判所は国際的な批判から刑事被告人であるゴーン氏を特別扱いし過ぎた、そのあげくがこれ。
つまりゴーンさんは検察と裁判所を出し抜いただけでなく自分の弁護士まで騙し切ってまんまと逃げ切ったと。この事態に対して批判したり怒ったりするよりもどうしても下世話な逃亡劇のほうにワクテカしてしまう野次馬のわたしをどうかお許しください*(^o^)/*

国外逃亡されたうえに逃亡先のレバノンで「どははは。日本の司法制度ざまあ。してやったりやで」という声明まで出されてしまって。保釈を求めた弁護士も保釈に反対した検察も保釈を認めた裁判所も司法制度を担う法曹三者すべてが揃ってみんなゴーンさんに顔を潰されたというね。

そういえばテルアビブ乱射事件の犯人である岡本公三が確かレバノンに逃亡していて日本政府の再三の引渡し要請にもかかわらずレバノンに居住していてはず。そう思ってグクってみたら現在もやっぱりレバノンに住んでいた。ゴーンさんも引渡しは無理でしょうね。
敏腕な弘中弁護士も知らないとは意外にも思いますが、
ゴーン被告は違法行為を犯しての出国ですから、弘中弁護士に相談しても露見すると思ったのでしょう。
弘中弁護士も相談されたところで、見逃せば弁護士として務められなくなりますから。

レバノンにも特殊工作員はいるでしょうから、政府が手助けした可能性はありますね。
ゴーンさんの弁護士も知りませんでしたか?本当ですか?
レバノンに逃れたゴーンの言い訳にもならない声明を真に受けて、日本の司法がどうのこうのとかゴーンに肯定的な意見をコメントしている弁護士は本当に間違っている。少なくとも彼がなぜフランスに逃れなかったのかぐらいは考えてみてほしい。
レバノンにしか行けないんだよ。

過去記事コメント転記
https://newspicks.com/news/3605394?ref=user_527032
2019年1月18日
まじに書くと、フランスではなくてレバノンに戻ることになるだろう。いつになるかはわからないが。。。泣けてくる。
本当に知らなかったと思います。
ゴーン氏がレバノンに出国しようと決意したのがいつなのか分かりませんが、当然レバノン政府が関与しているわけですから、ゴーン氏ほどの人物であれば素知らぬふりを通したと思います。
レバノンは彼の母国ですが、亡命を受け入れたり、レバノンから亡命をする人もいる政情が複雑な国です。本気を出せば、ゴーン氏一人くらい簡単に出国させてしまう国なのですね。
改めて、日本がある意味平和ボケしていると感じました。

でも、日産の司法取引から始まったゴーン事件は、客観的に見て公平な手続き、報道だったとは思えません。
弁護士の方がコメントされていましたが、ゴーン氏をそこまで追い詰めたということだと思います。

今後は、イスラエルと政治的に対立するレバノン政府と、難しい交渉を日本政府は迫られますね。海外のメディアでは、ゴーン氏は日本で政治的迫害を受けていたとの報道もあります。
世界、特に欧州圏から見ると、ゴーン事件はそう見られてしまう要素があるわけですから、日本政府も真剣にならないと…
弘中弁護士もほとんど状況をつかめていないのかもしれない。年末年始で連絡をとっていなかったというので、ゴーン被告もこのタイミングを狙っていたのかもしれない。出国に関しては大きな力が関わっているのではないかという見解も示していた。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.27 兆円

業績