新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2019年に三菱UFGグループの子会社となったダナモン銀行は、子会社化の直後である5月から株価が急落しましたが、これは、買収前の株価に戻っただけともいえます。
 ダナモン銀行の元々の親会社はシンガポール政府の投資会社テマセクですが、三菱UFGは、2017年と18年、2度に渡って、20%ずつ計40%のダナモン銀行株をテマセクから購入しています。この間、2017年11月から2019年4月まで、ダナモン銀行の株価は倍増しています(4800ルピアから1万ルピアに)。もちろん、2017年11月の三菱UFJによる子会社化計画発表の結果です。三菱UFJによる1年半をかけた買収と追加出資の過程で株価は倍増し、現在は1株4000ルピア程度です。その間、ダナモン銀行の資産や業績が目覚ましい成長を遂げたわけでもないので、当然といえば当然です。
 三菱UFJグループや、三井住友グループは、インドネシア、タイ、ベトナムなどで、現地の中堅銀行を買収して子会社化しています。国際的にも資産が際立って大きい日本のメガバンクが、新興国の金融市場に進出しているわけですが、かつてNTTが欧米やアジアの中堅通信会社を買収して進出を図り、やがて業績不振で撤退していったのと似ている気がします。

5月の時点では、こういうことを言われていたので、目論見からは外れているのでしょう。
「MUFG:今期純利益は9000億円、ダナモン銀の利益貢献など期待」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-15/PR84F56JIJV201
投資なので損することもありますが、元々、MUFGはこの株式に純投資をして儲けたいわけではなく、インドネシアに地盤を築きたくて、出資したので、あまり気にすることではないと思います。

メディアはソフトバンクの件もそうですが、評価損についてやたらと書き立てますね。
評価損は実損ではないですし、また事業に乗り出す場合、投資の意味も違います。
インドネシアにおけるMUFGの戦略も併せて書かなければ、誤解を生むだけです。
そもそも市場流動性が著しく低い(MUFGが94%保有)一方、インドネシアの現地法制上、非上場化することが困難であるため、会計上は上場株式として扱い続けなければならないことによる制度的誤謬に近しい減損に思えます。

数%の流通株式の時価で支配株式の簿価を決めなければならないことになっている。

BDMNの本業の数字に着目することが重要かと。
20年前に、当時の東京三菱銀行の担当次長として内乱中の危険を冒してジャカルタでインドネシア現法の閉鎖に奔走した。法制度も整わず、現地スタッフののんびりした気風もあり、本当に苦労した。再度現法を作った時は驚いた。
邦銀のインドネシア銀行投資では、SMFGもBTPNで600億円近い減損処理を迫られましたが、2千億円は強烈です。
とはいえ、企業実態の予想外の業績悪化などではなく、会計上の話なので、MUFGのアジア戦略への影響はないと思います。
ダナモン株は、4月以降急落。その後今の水準前後で低迷していたので、市場では夏頃から減損リスクは警戒されていました。

それにしても、3Qで2000億円減損して、株価次第で年度末に戻すという処理は、会計原則通りとはいえ、銀行のファンダメンタルズを表しておらず、ミスリーディング。

改めて、300兆円もの資産をかかえ、その価値が日々変動する金融機関の四半期決算の意義が問われると思います。
MUFGは、減損処理が手早いですね~。

投資に失敗は付きものです。
あれこれと策を弄することなく、さっさと減損処理する潔さは信用につながります。
邦銀はアジアで着々と布石を打ち、
頑張っていると思う。

昨年カンボジアに行った際も、SMBCが
デジタル化の進むアグレダ銀行に海外資本
として最多の出資をしている事実に接して
驚いた。

三菱UFJもテマセクと丁々発止できる存在感は、
大したものだと思う。
お膝元の成長市場を抑えられるか否かが大手邦銀
の中長期を左右する、との思想が彼らにはある。

体力の許す範囲であれば、ルールに基づく足元の減損
は気にするほどのことではない。
成長著しい東南アジアで金融業を行なっていきたいMUFGが、
現地の銀行を買収する上で、一時的に高値掴みになり評価損が出るのはある意味で当然のこととも言える。

問題は、成熟し尽くして衰退している国の金融機関のノウハウがこれから発展しまくる若い国の金融機関に通用するのか、また本当にシナジーをもって成長できるのかということ。


これには、4、5年かかるだろう。
何故、この程度のことを、大袈裟に記事に書きたてるのか…理解に苦しみます。日常のオペレーションの一部ですよね?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.97 兆円

業績