新着Pick

ホールフーズが予想! 2020年の10大フードトレンド

Business Insider Japan
アマゾン傘下のホールフーズ(Whole Foods)は2020年のフードトレンドを発表した。 同社は、ノンアルコール飲料やスイカの種のバター、野菜や果物の粉、ラカンカ甘味料といったアイテムが流行するだろうと見ている。50人以上のバイヤーと専門家が協力し、予想をまとめたという。 2020年の10大フー...
356Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
敬愛するホールフーズが来年のフードトレンドを発表。こんなのあるんだというものばかりで次回行く時試してみたい!ホールフーズって毎年トレンド発表してたのでしょうか。日本の小売にトレンド発表してほしいです。
国内では有機食品の生産・販売・消費が増大して欲しいです。

近年、アメリカも欧州(特に、フランスとドイツ)では有機食品の消費が急激に増大しています。
アメリカでの旗頭の一角がホールフーズです。

日本においては、イオンがフランスの有機食品スーパーであるビオセボンを展開し、かつ、イオン自体でも取扱を増やしつつあります。

しかし、日本での生産・消費はまだまだで供給不足であると共に、認知も高くありません。
日本の有機農産物の規格である有機JASの認定は厳格であり、耕地を整備するのに数年、生産を本格化するまでに数年を要します。その一方、有機食品の付加価値は高く、非有機食品の1.5-2倍ほどです。

有機食品の効果は識者に任せるとして、個人的には、ここ10年弱ですが、有機食品を摂るようになってから、身体が強くなったと自覚しています。もちろん、味も良いです。
確かに値段は高いのですが、病気による経済的損失を考えればむしろ安いのではないかと考えています。

ですので、日本の農家の方、そして、小売の方が団結して、有機食品の生産を伸ばしてもらいたいです。
色んな切り口あって面白いですね。ブームで終わるものと定着していくもの、食ではその差がすごく大きいのでしっかり後者を見極めて展開したいなと思うところです。
プラントベースの食材が多いですね。気になったのは再生農業品。環境配慮製品は多いけれど、フードにもその波が、、、という点で時代性を感じます。
これらの分野って、まだまだニッチの商品ですが、芽が出ている商品なので確実に売上を上げていきます。

何となくですが、この中で1番市場が大きそうなのがノンアルコール飲料。2016年で世界で135億ドルの市場が7.5%年平均で伸び、2025年には250億ドル市場になるそうです。

https://www.gminsights.com/industry-analysis/non-alcoholic-beer-market

インドでも、バドワイザー、ハイネケン、キングフィッシャーと大手はどこもノンアルを出しています。ノンアル飲料が、アルコールと同じような値段で出されていたら、もしかしたらお金のなる木なのかもしれません。
ラカンカ甘味料は数年前から使っていて、気に入っています。
キッズメニューとおやつは、改良の余地がかなりあると思います。子どもが小さいうちに、一緒に楽しみたい。
大豆は、過去50年の間に全世界の生産量が10倍に増えたといいます。
飼料としての需要の高まりも大きいようで、大規模栽培による環境負荷が大きいという説も。
とはいえ、大豆自体に罪はなく、本来的には世界的な人口増加と嗜好性の高まりこそが問題の真因なのかもしれません。
食品がただ食べるもの、生きる為のものだった時代は完全に終わり、意味や意義により価値が出る時代になってきていると感じます。つまり商品やサービスにそういった機能的な価値を感じなければ、選ばれないということですかね
アメリカ、少なくともLA地域では大人気の”こぶ茶”は、アメリカ全域で人気あるのでしょうか?
ホールフーズ以外にも、オーガニック系スーパーの定番だという認識があるのですが…

この記事に載っているもので、良かったと思うのは、西アフリカ原産のスパイスです。これ、何でも合って、料理に手抜きしてもごちそうになります。
どれも非常に健康的で美味しそうな商品。特にノンアルコール系のドリンクは、かなり流行ると思っている。周りの友達は全然お酒を飲まなかったりするので。雰囲気を楽しみたい、チルしたい人が多いです。
膨大なデータを持っていると思うのでデータ付きの予想が是非見たいですね。
植物由来の大豆の代替品は、身内に大豆アレルギーがいるのでこういう選択肢が自然に増えていくので嬉しいです。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.76 兆円

業績