新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱地所やGPIFが海外不動産への投資を拡大するのは、
①availability(投資案件を大きく取りに行くことが可能)、
②liquidity(流動性)、③transparency(市場の透明性)の三つがあるからだと理解している。特に①は、戦略が絵に描いたよう餅にならない、実行出来る、という意味で重要。

ひとことでいえば、成熟して活気のある不動産投資市場がそこにあるから、だと言える。欧米の不動産投資では市場の歪みを突いたアルファが取れる。アジアへの投資では成長の果実を取りに行ける。

日本国内では、2600兆円ある不動産も、投資可能なものとなると10兆円程度と小さい。③の透明性も低い。

不動産市場の透明性が低いのは当然のことと、多くの日本人は信じ込まされているが、それは誤り。日本が世界でも2〜3位の不動産を抱えていながら、その透明度では10位以内に入らないという事実を知らない日本人は多い。

https://www.joneslanglasalle.co.jp/ja/newsroom/global-real-estate-transparency-index-2018-pr

国内不動産投資市場の透明性は、不動産会社による情報の抱え込みが要因。もはやこれは一種のカルチャーになっている。
それも、社会経済全体のデジタライゼーションの進展と、それを背景にした様々な新しいデータの発掘により劇的に変化しつつある。情報は抱え込むことが難しくなりつつある。来年、この動きはますます加速する。不動産投資市場には思わぬところから、フォローの風が吹いてくると期待している。
三菱地所は、それぞれ別個に運営してきた海外の運用会社を持ち株会社の傘下に集約し、グローバルな投資体制を整えるとのこと。主力ファンドは数年で1兆円規模にしていくようだ。
三菱地所株式会社(みつびしじしょ、英語: Mitsubishi Estate Company,Limited)は、日本の不動産ディベロッパーである。丸ビルや新丸ビル等のオフィスビルのプロパティマネジメントを担う三菱地所プロパティマネジメントや、住宅事業を担う三菱地所レジデンス、設計事業を担う三菱地所設計等をグループ内に有する。TOPIX Core30の構成銘柄の1つ。 ウィキペディア
時価総額
2.29 兆円

業績