新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旅行に行くと、部屋が暗く感じることがよくありますが、日本が明るいんですよね。

昔、カラーの勉強をしている時、世界の色鉛筆を研究して、おもしろかったです。
日本人は、赤〜黄色に敏感で、細かく分けているのに対し、ヨーロッパでは、緑〜青の色調を細かく見分けている、という傾向だったはずです。
色の好みの違いはすぐ解りますよ、パワポを自由に作ってもらうと 個人的な印象ではインドと中国は特徴的です
これ単純に瞳の色の問題ですよ。映像の世界でも、目がブルーとかグリーンの人がVEをやっていると日本人では出せない色感が出ます。どうやって出すの?と聞いても本人もロジカルに説明できないし、こっちも理解できないおもしろさがある。むしろ彼らからすると、日本人の赤と黒はどうやって出すんだ?と不思議らしい。
そう考えると、現在の世界人口の瞳の色のマジョリティは圧倒的に黒(中国・インドをはじめアフリカもそう)なので、むしろブラックアイズたちの好む色が世界を席巻するとも言えますけど。
この件は、松田さんから教えていただき、とても腹落ちしました。

グローバルなメンバーで、しかも、メンバーの意見を対等に取り上げないと、こういった「色の話」はでてきません。

米国のアパートやレストランの照明は、虹彩の色が濃い日本人には本当に暗いです。

しかし、米人には、それでちょうどのようです。

日本人が「良い」と思うコーポレートカラーも、実は虹彩の色が薄い欧米人からみると「ギラギラ」の企業も多いのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ナイキにいたころ、同じ商品でも全世界で展開しているカラーと日本で展開しているカラーで差異があることが多いことに気づいたんだけど、明らかに日本人は買わない色というのはある(売れないものは展開しない)。

また、うちの元奥さん(アメリカ系日本人)が日本人が選ばない色(日本国内であまり展開しない色)を好んでいたことも、差異があるなあと思った次第。
何じゃそりゃと最初に思いましたが、確かに拙宅では明るさのレベルが選べる照明を買っていつも一番くらいレベルにしておいているので間違ってはないんですね。
GLAYが好きです。
ソースネクスト株式会社(SOURCENEXT)は、日本のPCソフトの販売、開発会社。1996年8月設立。設立時の社名はソースで、ソースネクストは製品のブランド名であったが、1999年11月1日より社名も「ソースネクスト」に変更した。2009年、賃料削減を目的に六本木ヒルズから虎ノ門に本社移転。 ウィキペディア
時価総額
437 億円

業績