新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界的に化粧品の購入は実店舗よりECサイトの方が高い成長率でどんどん伸びています。日本の場合も毎年少しずつ伸びてはいるんですけれど、まだECサイトからの購入は他国のマーケットに比べると少ない方です。確かに店舗で接客されている感覚をオンラインで実現できると、ECサイトからの購入も増えるとは思いますが、配送料や配送日などの改善がないとそのメリットを感じさせることはなかなか難しい気もします。
Amazonの化粧品売り場はワクワクが小さい印象です。女性が化粧品を買う意義は、機能性だけでなく、気持ちをあげたいという効用があるからだと思うのです。そういう意味では各化粧品メーカーがオリジナルECで差別化するのは効率性以外の新しい世界を提供してくれそうでワクワクです!
この分野こそ、アバターを活用した仮想接客キャラクターを活用すべきだと思うのですが…それなしに「店舗で接客されている感覚」は難しいのでは?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
サイトに期待されるとこと、店頭で期待されることって、同一なのかな。
株式会社コーセー(英語: KOSÉ Corporation)は、主に化粧品の製造、販売を行う日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,816 億円

業績