新着Pick
477Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回「空のビジネス開放:ドローンからエアモビリティまで」の全10話を講義させていただきました。
「空のビジネス」といえばエアラインや宇宙ビジネスを連想される方も多いでしょうが、ドローンやエアモビリティ(空飛ぶクルマ)が飛び交う空域はもっと低高度、ずばり皆さんの頭の上です。「なんか危ないな、怖いな」と思う人も、今はまだまだ多いと思います。でもあえてもっともっとリアルに、鳥と電波しか飛んでいない「空き地」だらけの空を、今よりもっと活用している未来の社会を想像してみてください。そこには一体どんな新しい価値や課題が生まれているでしょうか。大きく妄想を膨らませた先には、意外なところにビジネスの種が見つかるかもしれません。
実際2019年6月の成長戦略閣議決定で、2022年にレベル4(有人地帯での目視外飛行)でのドローン運用開始、そして2023年にエアモビリティ(空飛ぶクルマ)の事業開始を目指すことが約束されました。「年限を決めてから逆算思考で課題を解決していく」というこのプロセスは、起業家や投資家、そして大企業の背中をたくさん押してくれています。これはとても画期的なことです。
来たる2020年代に向けて、年末年始で全10話の講義を是非お楽しみいただければと思います。よろしくお願い致します!!
既存の航空業界をディスラプトできるのか?

それとも、既得権益に飲み込まれるのか?

どちらになるかは半々くらいでしょうか?

航空宇宙業界で仕事された方はわかると思いますが、安全性要求と設計は、並大抵ではありませんので…

あとは、大量に輸送するから効率的であり、少人数の輸送だとコストがかかりすぎるということも現実的には課題になるかも。

ポジティブでも、ネガティブでもない、ニュートラルという意見です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
夢がある話、というよりも現実としてがっちり対応したい分野です。
昔、空中権という言葉がありました。

これからはまさに空中権の取り合いになる社会だと思います。技術面のイノベーションとともに、法的戦略もしっかり固めたいものですね。
ドローン。そのかっこよさに憧れて、数年前にDJIのPhantomを購入したのですが、東京で飛ばせる場所があまりに少なくて、いつしかタンスの肥やしになってしまいました。空撮撮影も操作技術も、時間があったら突き詰めてみたいものの一つ。このMOOCを見てテンションを高めます。
これは申し込むしかないやつですね。

【追記】
年末年始にじっくり見させて頂きました。

弊社もブラジルでドローンのスタートアップに投資しており、その後ドローンファンドさんにもご投資頂きました。

ドローンに限らず空のビジネスチャンス全体についてマクロにまとめられている一方で新たなテクノロジーを利用した個々のビジネスケースの具体例もたくさんあって、盛沢山の充実した内容だと思いました。

千葉さんのパイロットとしての訓練等から来る知見の広がりも感じられる、さすがの講義でした。
この連載について
NewsPicksアカデミアでは、第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事を通じて、最先端の実学を提供。多分野の実践者が集う「学び場」をプロデュースしていきます。