新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私自身は、ゲームを全くやらないのですが、
非常に可能性があると感じています。
(実は、ハマり過ぎるので、遠ざけているだけ…。)

2年前、出張先のビジネスイベント@USで
出会った数人がeスポーツに参加していました。
その中の一人は、企業スポンサーもついていて、
自身のアバターのキャラクター商品も展開されていて、
プロプレイヤーとして活躍されていました。
そんな世界があるんだなぁ〜と初めて感じました。
同時に、本当の意味での"ダイバーシティ"の世界が
存在しているだな…と気づきました。
年齢、性別、国籍、出身など全く関係無い世界。

実は、そのプロプレイヤー、18歳の時、交通事故で
片足を失くしていたのですが、eスポーツの世界では、
ファンを魅了する一流プレイヤーだったのです!

来年は、オリンピックイヤー。
いろんな意味で、節目となる
オリンピックであって欲しいと願います。
今後ますます娯楽が求められる時代になっていく感じがします。
"2019年5月に小学校低学年男子に人気の雑誌「コロコロコミック」が発表した「興味のある職業」ランキングでは、1位は「YouTuber」、2位が「プロゲーマー」、3位に「ゲーム実況者」という結果だった。"
この連載について
ついに東京五輪がやってくる。56年ぶりの夏季五輪の自国開催に、日本中が熱狂するだろう。また、eスポーツやYouTuberなど、新しいスポーツやコンテンツの形が広がっている。2020年後の未来図を、有識者が予測する。