新着Pick
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生協やオイシックス・ラ・大地の宅配の存在感を見るに、ネットスーパーが定着する素地は十分あるように思います。おそらくデリバリが最大の課題で、忙しい人ほど届けてほしいと思うのですが、その時間には家に人がいない、ということかと。要は宅配ボックスや置き配、デリバリ時間の柔軟化次第と思います。
ネットスーパーの展開を何度かご支援させてもらったことがあるのですが、売上をあげる事自体は正直そんなに苦戦しません。それよりも収益をあげるには物流なのでそこの最適化を考えないといけない事が多々ありました。
まだまだスタートラインに立ったかなくらいなので、こういう記事で社名が出てくるよう、頑張っていきたい。グローバルで見ても市場成長はこれから/米・食品マーケティング協会と調査会社ニールセンは、米国の生鮮食品のオンラインによる売上高は、2025年までに生鮮食品全体の20%にあたる約1000億ドル(11兆円)に達するという調査結果を発表している
ネットスーパー。地場のスーパーでも参入しているところが多いですが、物流コストの上昇でなかなか黒字になるのは難しいとのこと。
イオンは先日英国最大手のオカドとの提携を発表しましたが、ネットスーパーからネット通販にも広げていく狙いがあるそうです。
ネットスーパーが浸透しないのは野菜や魚などを自分の目で見て選びたいというのが一番の理由かなと思います。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
186 兆円

業績

イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,918 億円

業績