新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国経済が減速するなか、中国が従来の2倍以上の輸入を実現することが可能なのかという問題が指摘されているが、その通りである。何故なら通常こうした取引で手っ取り早いのは、米国の高額なミサイルやイージス艦やら戦闘機を購入するか、あるいは大量のエネルギーを輸入することだ。日本はまさにその典型である。しかし、これは同盟国たがら可能なことであり、米国が中国にこれらを輸出することはできない。では、中国は何を買うのか?農産物やら鉄屑や民間飛行機では、限界がある。しかも、中国が米国からの輸入を無理に増やそうとするなら、中国は他国からの輸入を減らすということだ。これは中国への輸出に依存する欧州や新興国の経済に多大な影響を及ぼし兼ねない。従って、中国が米国との無理な合意を真面目に履行しようとすると、世界経済はショックを受ける可能性があるということだ。救いは中国が、まともに対応する気はさらさらないと言うことか。
第一段階の合意は、貿易戦争を鎮静化した役割が大きい。
これ以上過激にすることはないとシグナルを送っている。
少しは安心して生産をし、輸出をする。
恐れるのは、2020年に2019年以上の貿易戦争をすることであり、それを何とか取りやめた。
悪いことではない。
ただし、トランプさんはまた不意に何かを出すか、わからない。
要注意。
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝五丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.02 兆円

業績