新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白い業態。神戸物産のバリュエーションはPER x30、PBR x8、EV/EBITDA x16ほど。ドンキのPPIHとか世界各国のディスカウントストア業態もある程度似た感じ。
2014年くらいまではずっと投資を続けてFCFマイナスの年が多く借り入れを重ねていたが、2015年度以降は営業CFが伸びてFCFも毎年100億ほど。
粗利率約15%、販管費10%弱、出来上がりの営業利益率が6%ほど。ライフやバロー、アークスなどの食品スーパーは、粗利率25~30%で、営業利益率3%といった感じなので、ビジネスモデルが違うことが分かりやすい。安く売っていても儲かっている。
日本人の賃金がどんどん下がっていることを斟酌すれば、業務スーパーの利用者が増えるのは当然のことでしょう。

三越伊勢丹での買い物など、たま~にしかできないのが一般人(だと思います)

0の数が下手すると2つくらい違っちゃいますから。
以前は現金のみしか使えないイメージだったけど、最近はクレジットカードや電子マネーに対応する店舗が増えてきた。新規顧客の増加に効果はあるのかな。

確かに安い商品(特にPBの食品)が多いけど、大多数は中国産だったりする。世の中に中国産は多数あり、品質を気にする人も少ない。でも、その点を敬遠する層も少なからず存在すると思います。個人的に中国産は駄目とは思わなくても、長期的にデメリットはないのだろうか。
業務スーパーは、当たり外れが大きいので、いつもmitok等で調査が必須です。量が多いので、外れた際の購入者責任を問われると厳しいので。
消費増税後の10月も売上、純利益ともに前年比増加しているのすごい。強い証だと思います。

PB商品をメインに、製造販売している形態と、タピオカブームによっての好業績と考えられ、タピオカブーム襲来後が見もの。
神戸物産の好調以上に三越伊勢丹の衰退が進んでるのかと。
と思って四季報で三越伊勢丹をチェックしたら意外と健闘してる。というか低位安定。投資するほどの魅力は無いですね。
百貨店は超都心がそこそこ稼げてて、地方が崩壊という構図はお察しの通り。
個人的には「ブラジル産鶏肉やタイ産のスパイス類など輸入ハラール食品」が買える店というイメージです。ただ店舗によって品揃えにバラつきがあるのと、場所が不便なところが多い気がします。
業務スーパーの弱点を挙げるとすると現金決済だけなところです。
結婚指輪を買ったのを最後に、伊勢丹で買い物していないため、エムアイカードを解約しました。
三越伊勢丹の衰退も大きい。
ただ、安さを消費者が増えている背景は今の日本の姿
株式会社神戸物産(こうべぶっさん、英語: Kobe Bussan Co., Ltd.)は、兵庫県加古郡稲美町に本社を置く企業。主に業務用食品の販売を手がけるFC(フランチャイズチェーン)方式のチェーンストア。 ウィキペディア
時価総額
8,714 億円

業績

株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
3,263 億円

業績