新着Pick

転職に失敗する人の7割に共通する意外な特徴

東洋経済オンライン
「なんでもっといい仕事を探さなかったのだろう……」「あんな職場はすぐに辞めるべきだった……」どちらも転職に失敗した社会人が吐いた嘆きの声のようですが、実はこれらの言葉は、すべて100歳近い高齢者たちが…
852Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
別記事でも書きましたが、考えすぎると転職を決断できないこともありました。

やっぱり好きなこと、やりたい仕事や職種をやるのが充実感があると思います。ただ、何がやりたいことなのか、何が充実感を与えてくれる仕事なのか分からなくなってきます。

その時は自分の場合は直感に従い、「ワクワク感」があるかを基準にする様にしました。直感は自分に「うそ」をつかないからです。理性に基づいて考えれば考えるほど、色々な制約条件が頭に浮かんでくるものです。いざ転職しようとしても、お金のこと、家族のこと、将来の不安。そういった意味では直感に従わないと不安を払拭して前に進めないことも確かです。

後は、意外と不安に思っていたことが実は無駄な不安の場合もあります。僕の場合は家族が転職や引っ越しに賛成してくれるか不安だったのですが、直ぐに賛成をしてくれたので無駄な心配でした(家族には感謝です)

最低限の情報収集は当然やるべきだと思います。
結局、何のために・なぜ転職するか、がどこまで考えられているか、に尽きると思います。突然思いつかないで、ボンヤリでもいいから、いつも考えておく。足りないのは何かなーとか、次は何が欲しいのかなーとか。

その文脈で言えば、自分にとって何が一番大切なのか、心地よいのか、も知っておいた方が良いですよね。お金が良ければ多少はガマンできるのか、職場の人間関係が全てなのか、やっぱりビジネスの醍醐味なのか。

で、もう転職してしまったら「失敗」とか考えない。あら?と思っても、ちょっと頑張ってみる。ワタシは4回転職していますが、だいたい1ヶ月内に「あー失敗した!」と必ず思います。それでも振り返ってみれば、後悔は一つも無いです。行って良かった。

何かあるはずですよ。せっかくの転職、何がゲットしなけりゃもったいないですよね。例え数ヶ月で辞めるにしても。
転職する人の"覚悟"の問題だと思う。
転職先を選択する基準を明確に持つこと。
私の場合は、"経験・専門性"を活かせるか、
"誰"と協働するか、"どんな仕事"に本気で就くか…です。
人生の大半の時間を費すのだから、
それに見合うリターンを描けるか…。

個人的には、"自由"と"責任"が高い組織は、
自身が成長する上で絶対的に必要になる条件だと思う。
自身以外から寄せられる"期待値"に応えるためには、
それを自ら強く求めていく姿勢(提案)も大事かと思う。
自分の価値観をしっかり持ちながらも、多面的な判断を行わなければ転職は難しいという事をあらためて感じる記事ですね。
利害関係者ではない外部のメンターに相談するなど工夫も必要だなと感じました。

そして、ある程度の年齢になってからの転職では裁量権の有無も大事ですね。私は自由な環境じゃないと満足に働けないので、その辺りは重要視してます。
私の経験から思うこと。多分間違ってないと思います。
①自分のことをよく見てくれている人の助言だけを聞いた方が良い。突然現れた人はあなたのことを何も知らずに耳元で甘い言葉をささやく。弱ってる時ほどそんな人は遠ざけたほうが良い。
②転機は向こうからやってくる。頑張ってると自ずとやってくる。それを見逃さないように心をしなやかに保つ。
③生きてるだけで丸儲け。
「1500人の高齢者に「人生で最も後悔したことは?」と尋ねたところ、一番多かったのはキャリア選択への未練」
これは興味深いですね。人の人生において仕事が時間だけでなく、満足度というか幸福度に影響するかなりの割合を占めているのだと思います。
確かに私も仕事が上手くいっていると人生楽しいと感じますし、そうでないと人生辛いなと感じてしまっています。

「就職と転職の失敗は、およそ7割が「視野狭窄」によって引き起こされる」
最近は働き方で生き方を自分で選べるとも言えるとも思います。選択肢が多く迷いますが、どんどん変化させていくこともできると思いますしやりたければやって見るのがいいように思います。
>調査の中で最も多かった失敗は「下調べをしっかりしなかった」というものでした。<

良く聞く話が「実際入ってみないと分からない」という逃げ。もちろん入ってから分かることは沢山ありますし、残念ながら入ってから初めて知って後悔するものがあるのも事実。しかし、それは徹底的なリサーチを行った上で、それでも分からないものもあるよねということであるべき。安易な逃げのために使う台詞ではないと考えています。
「10万本の科学論文を読破」というのにいきなりつまずいた。abstractだけじゃなくて?

そこまで検索して読める興味の広さ、深さがすごいし、読破するのも専門じゃないとこだと結構時間かかるものだし、大変なんだけど。。。

もとい、キャリアについての後悔の少なからずは、安定を優先しての飛び出す勇気の欠如とか、拙速に飛び出ししての後悔があると思う。

とはいえ、後悔する人はどうやっても後悔するのではないかと思う。おそらく、後悔する事象についての総括が一面的なのではないかと。ある決断が損であったとしてもそれを糧としてその後に活かしていけるなら後悔も少なくなるけど、それを原因としてその後うまく行かなかった言い訳にするならば前向きにはならない。

それから、条件について確認する話が載ってたけど。最近newspicksのハードシングスのマンガで、条件とか権限とか気にするやつ悪、みたいなことにもなってたので、気をつけたほうがいいかも。ベンチャーに行くなら尚更。
これを視野狭窄と言うか否かは別にして、あるあるでしょうね。

● お金に釣られる

● 「逃げ」で職を決める

● 自信がありすぎる、またはなさすぎる

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
情報不足。これに尽きると感じます。会社側の情報を個人があまりに知らなすぎる。これで、自分が何を求めたかがぶれたり、それが得られなかったり、実は真に自分が求めていたことが違うものだったりするともう大変です。

公開情報、ツテ、なんでも使って可能な限り調べることが必要だと考えます。