新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MaaSの読み方は私は3年くらい前まではずっと「マーズ」と呼んでいました。当時日本の関係者もそう呼んでいましたし、「Mars」の発音の類推もあったからです。

この「◯aaS」という表現は、もともとIT業界の用語のSaaS、PaaS、IaaSなどからの援用で、それらは一般的に「◯ース」と呼ばれています。最近は、「マース」に統一しようという動きもあるようですが、どうも慣れません。

似た用語にCASEがありますが、似て非なるもの。こちらは自動車産業から出た言葉。MaaSは都市計画やITSの業界から出てきた言葉です。

更に源流を辿れば、オーストリアのインスブルックに拠点をもつIFITTが主催するENTER eTourism conference1996年大会で、"intelligent information assistant" という様々な交通手段を統合するサービスが提唱されたことに始まります。
https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-7091-7598-9_23

その後、2013年に始まったスウェーデンヨーテボリでの先駆的な試み「UbiGo」プロジェクト(Go:smart事業の一環)が行われ、数十世帯が実験に参加しました。

その事業に触発された、ITS FinlandのCEO(現MaaS Global CEO)だったSampo Hietanenと、後にフィンランドのアールト大学でMaaSの修士論文を書いたSonja Heikkilaが、フィンランド政府の後押しで活動を続け、2014年にSonjaがフォーリンポリシーによるリーディンググローバルシンカー100に取り上げられるなどし、世界的に有名になりました。

Sonjaの論文
https://aaltodoc.aalto.fi/handle/123456789/13133

国交省の定義では、マイカー以外の交通をシームレスに繋ぐと言ってますが、それだとマイ自転車やマイバイクの扱いが曖昧で、良い定義とは言えない気がします。

字義から自分に都合よく解釈する人が多いため、日本での受け止めは多様化。広義/狭義、レベル1-5など、正直不必要な分類も氾濫。自動車業界ではなぜか自動運転とほぼ同義のイメージを持っている人が多くて、コミュニケーションに困ります。