新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
詳細が何も発表されていないのでなんとも言えませんが、試験場所が西海衛星発射上ということは液体燃料ロケット(固体燃料ロケットの場合は威興発射場を用いることが多いので)の燃焼実験である可能性が高いと思われます。
又発表元が国防科学院なので、過去の例から見て衛星打ち上げに使う銀河系列のロケット試験ではなく、ICBMの火星用エンジンの試験ということになります。

北朝鮮のICBMは基本的に旧ソ連のロケットモーターRD250を改良したものが用いられていると考えられており、最も新しい火星15号ではRD250を2機束ね、ジンバル制御を可能にした国産の白頭山エンジンが搭載されています。

RD250自体は推力的に改善の余地がないので、可能性が高いのは弾道の多段化の為更にRD250を束ねて(本家ソ連のR36ミサイルは6機束ね、最大10基の核弾頭を搭載することができました。)より推力を上げた新型エンジンの試験です。

いずれにせよ燃焼試験だけではロケットは使い物にならないので、いずれかのタイミングで実際の打ち上げが行われることになるかもしれません。
そう来たか、という感じです・・・ (-_-)
「年末までは忍耐心を持って米国の勇断を待つ」と何度も繰り返した金正恩委員長は、面子を保って権威を守るため米国に対して何かせざるを得ない。だからといって、ICBMをぶっ放したら、近距離ミサイルは問題ないと言い続けたトランプ大統領の面子を潰して何が起きるかわからない。ぎりぎりのところを攻めてきた。流石といえばさすがかも (・。・;
北朝鮮のエンジン燃焼実験まで米国が瞬時に掌握しているらしい。そのことのほうが興味深い。北朝鮮の国防科学院報道官は8日、北西部東倉里の「西海衛星発射場」で7日午後に「非常に重大な実験」を行い、成功したと発表した。SLBMや ICBMの実戦配備に向けての実験であれば、いよいよその次は核戦略の発表をするのだろうか。
まあ日本はあんま関係ないけどな
北朝鮮が単独で戦争状態に突入しても限界があると思います。

一番の危惧は、中国とロシアの参戦です。かつての朝鮮戦争の際、中国とソ連は公式に参戦していません。
しかし、この2カ国が公式に参戦した場合は、戦争の拡大と長期化が懸念されます。

そのとき、私たちの生活も脅かされます。
いろいろな物資もそうですが、まずは食料への影響が気になります。
日本は、中国から野菜を大量に輸入しておりこれが途絶えますし、
その一方、日本には戦時を想定した食料安全保障がないため、サプライチェーンは大混乱するでしょう。

国民だけでなく、国家としても、対岸の火事と考えるべきではないと思います。
クリスマスプレゼントをおねだりする我が家の柴犬君も、

取り敢えず、新しいモフモフ貰うから、古いのは汚しておいたよ!

という悪戯をします。
最近の北朝鮮、我が家の柴犬に被ります。柴犬君は可愛いところは違うけど…
「北朝鮮重大実験」とともに「トランプ政権の北朝鮮政策は大丈夫か」という観点の(一般向けの)報道がアメリカでも広がり始めています。早速、ブーティジェッジが政権批判の選挙運動の演説のテーマの一つにしています(が、対案を出すのは難しそう)。
12月末という北朝鮮が何度も伝えてきた期限まであと3週間。それまでに米朝間で一定の合意に至らない場合、来年早々から騒がしくなりそうです。
本当に怖いのはSLBM。
北朝鮮の国防科学院報道官は朝鮮中央通信を通じて、北西部東倉里の「西海衛星発射場」で「非常に重大な実験」を行ったと発表したそうです。