新着Pick
619Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィードバックが当たり前のアメリカであっても8割が「苦手」と答えている調査があると、本の中で紹介されています。

確かに、アメリカではより良い改善をもたらすために、フィードバックを返すというのがポジティブに受け止められていますが、苦手意識がこんなに高いのは驚きました。

する方も、受ける方もなんとなく苦手意識があるフィードバックをいかに互いが気持ち良く建設的な話に持っていけるのかというヒントがいくつも詰まっていました。

パンに包めば、具材はより腹持ちが良くなる、この表現がすとんと腑に落ちます。
フィードバックって、研修で学ぶだけでは、
デキるようにならないですよね。
対峙する人のキャラクター、自身との関係性など、
考慮することが多いし、どのように対処すれば良いか
正解がないので悩む方も多いと思います。

私自身も、非常に苦手でしたが、
数年前にフィードバックが巧みな
上司(アメリカ人)から伝授された
”教え”が非常に有効で、苦手意識が軽減されました。

フィードバックは、職務上の仕事ではなく、
あなた個人が、その人のことを想う気持ちが大事であること、

少し先の将来、フィードバックする人が幸せになるために、
この瞬間に伝えないといけないことは何か?を考えること、

”Feedback is a gift from you”であると教わりました。

相手を想う気持ちを、
先ず持つことが大事だな~と心底感銘を受けました。
フィードバックはリーダーのみならず、これからの社会人に必須のスキル。グローバル企業の中でも苦手意識を持っている人は多いです。やり方を本で読んでもできるようにはなりませんので、実践が大切。なにをどうやっていいものか、、、という方は動画(e-learning)を見るとイメージがつきやすいと思います。

https://www.linkedin.com/learning/delivering-employee-feedback-2/697835
同じことを伝えるのでも、伝え方が大切。  
グッドニュースが先。 そのあと本題に入る。どのように会話を終えるのかも大事な設計ポイント。 
まず苦手意識を捨てよう。
身につまされるので、必読と思います。

・余裕がある時に
・一般化しすぎずに
・変えられることを

フィードバックするべし、とのこと。

「余白を残しつつ、自分で考える余地を残す」フィードバックを
出来てない気がして反省しました。。
この記事、良いですね。フィードバックそのものの重要性は至る所で説かれてますが、その具体的な手法やポイントまで言及したものはあまり無く。「具材をパンで挟む」とか、素敵な表現でわかりやすいですし「いつも、と言わない」とかはまさに逆の立場ならそう思う。要するに、フィードバックとは成長を期待した愛情表現、なんでしょうね。

で、だとすると、フィードバックが適切にワークするには、愛情を与えたいと思う関係性が欲しい。同時に「信頼関係」の構築にエネルギーを注ぐことも肝要だと思います。
「サンドウィッチ・メソッド」。パン生地はやさしい。パンがあるからはさんだ中身も美味しく感じます。さっそく使おう。「サンドウィッチ・メソッド」。
アメリカ人の学生から「声が小さくて聞こえません」と言われ、批判されたと感じた日本人大学生云々の件、よく分かりますね。

昔「ほんとはこわい『やさしさ社会』」を読んだ時のことを思い出します。確か、優しさには二種類ある。「予防的やさしさ」と「治癒的やさしさ」。前者は人は傷つくとなかなか治らない。だから傷つけないのがやさしさだ、という考え。後者は人間は生きている以上傷つくことは避けられない、傷ついたときにケアをするのがやさしさだ、という考え。例えば海外での議論のシーン。熱い議論を戦わせ相手を打ちのめす。議論が終われば仲の良い友人として相手を尊重した関係に瞬間に戻れる。日本人はそうはいかない。侃々諤々の議論をしてしまうと溝ができ仲が壊れてしまう。そんな「あるある」が目に浮かびますね。そうです。だから日本人は「予防的やさしさ」がやさしさだと信じ、相手を傷つけてしまうような態度や意見は言えないのです。即ち核心を突くような指摘ができない、フィードバックが苦手ということです。この日本人特有の性格を変えていかないと、国際社会の中では意見を言えない、核心を突けない日本人というレッテルがはがれません。

重松さんの対処方法はそれを実効的に改善できるでしょう。的を射たアプローチだと思います。
たしかにフィードバックって伝え方が難しくて、マウントの取り合いになることが散見されるので、この記事に書かれているテクニックは非常に参考になる。フィードバックをし合う関係性には基本的に敵はいなくて、常にお互いを高められる関係性だったりするのですが、それは実は非常に貴重な関係性です。言葉のチョイス一つでその関係性が長くつながるなら、努力してでも身につけておくテクニックかと感じます。
マーフィー重松さんには、一度だけお会いしたことがありますが、とても物腰柔らかくて素敵な方でした。
そして、この記事もなんとわかりやすいことか!
マネジメント職の方全てに読んでほしい。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。