新着Pick
1029Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自社ECは、自社システムや自社ロジスティックセンターを必ずしも意味しない。
shopify(ショッピファイ)が、それらを提供していることがかなりあるからだ。
しかし、shopifyは黒子であって、消費者接点を持つ企業ではない。あくまでもB2B企業だ。

アマゾンのような仲介型プラットフォームからに依存しない自社EC(D2C)は、shopifyのようなECアウトソーサーの発展によって可能となっている。

********(以下、引用)

ショッピファイは、シンプルなツールを提供している。これを使えば、月額29ドルからというお手頃な価格で、誰でも自分だけのオンラインストアを構築できる。

さらに希望すれば、ショッピファイはストアの受注管理も代行してくれる。つまり、ショッピファイの倉庫に在庫を置き、そこから商品を発送することも可能ということだ。

ショッピファイを利用している小売業者は、2012年時点ではわずか4万2000社だった。それが今では、ショッピファイのサポートを受けてオンラインストアを立ち上げた企業は、全世界で100万社を超える。
Shopifyを使用したEC事業に携わっています。とても使いやすく、値段も安く、デザインも良いので、誰でも簡単にECサイトを作ることができます。まだ日本語に対応していない部分があったりはしますが、それを加味しても使いやすい。

以前はZOZOのような大型ECショッピングモールが強かったですが、最近ではShopifyをはじめSTORESやBASEを使い、ターゲットを狭く深く追求するようなECサイトが盛り上がってきました。
AmazonのマーケットプレイスGMVは去年1600億ドル(自社は1170億ドル)なので確かに猛追してきてる。>Shopifyは最近になって、オンライン販売大手のイーベイを追い抜いて世界第2位の小売業者となり、第1位のアマゾンに着々と迫っている。GMVは820億ドルを超えた。
一地方企業に過ぎなかったジュエリー製造業を経営する私の友人も最初はAmazonで販売していましたが、いまやAmazonを卒業しshopifyを使ったオンライン販売で世界中でバカ売れするようになりました。
"ショッピファイの倉庫に在庫を置き、そこから商品を発送することも可能"
集客を自分でやれるならこのやり方でいいですね。発想自体はシンプル。amazon→shopify→自社とリスクとリターンの選択肢が増えるのは成熟の証
Shopifyの存在感日本でも更に高まるでしょうか。
【世界最大ECプラットフォーム「Shopify」、日本戦略を急ピッチ —— 巨大化する国内市場】
https://newspicks.com/news/3149880
shopifyの中身を初めて知りました。

amazonでは埋もれてしまう、小さいけど、よいブランドや店舗は、こちらのプラットフォームの方が良さそうですね。

これから、扱うものが増えた時に、amazonと、どうポジショニングを差別化できるかが注目のポイントですね。
Amazon(=モール)の強みは①IDと②集客と③物流に分解できて、Shopifyは、
①IDはApple payやGoogle payで代替可能
②SNSで代替可能
③物流はこれからやろうとしてる(Shopifyは物流企業への投資を強めてる)
D2Cブームの裏でジワジワ確実に伸びてくる会社である事は疑いようがないですね
勝手に習慣で客が来るamazonと違って、自社ECは集客が課題だから、SNSなどオンラインメディアへの広告やPRへの投資が増えそうですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
175 兆円

業績