新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の圧力を読み違えた文政権。GSOMIAを続けざるを得なくなって、あとは国内向けのメンツを保つことに腐心。

輸出管理でWTO提訴の手続きの停止を伝えてきたのも一昨日。局長級の会合の引き出したことを大義名分にして、しかもタイミングをGSOMIAとわざと合わせてリンクしているかのように見せている。

さらに国内向けのメンツのために、輸出管理での局長級会合の開催を「協議」とわざと言い換えて日本が譲歩したように見せかける。
しかしこれは「対話」で、この3年間韓国が応じてこなかったもの。これを普通に戻しただけ。これまでも一定の条件が整えば対話を再開すると言ってきた。もちろん日本の措置の撤回に向けた協議ではないし、何も方針を変えていない。

政府は韓国がいつものように歪曲して発表することを予測して記者会見で明確に説明。
それにも関わらず、日本の報道の一部は「協議」と報道。
どこの新聞か、その意図は何か見極める目が必要。
脅してるつもりでしょうか?

見苦しいというか、情けないというか・・・哀れみを覚えます。
昨日の速報を読んだとき、真っ先に感じたことだけど、やっぱりね・・・ (@_@。
https://newspicks.com/news/4405642?ref=user_1228737
米国と日本が切望するから韓国は大乗的な見地から破棄を見合わせてやった、その恩恵を受け止めるかどうかは日本の責任で、韓国はどちらでも良いという態度。韓国が破棄を停止した以上、米国が日本と組んで韓国を説得する形が変わり、米国が韓国と手を組んで日本に態度を改めるよう迫ることを期待しているのでしょう、たぶん。
こういった手練手管に乗って、日本政府は譲るのか (・・?
小国には外交はなし。
日本に歯を向いて、とんでもない結果になった。
最終的に韓国は自ら国を屈辱させてしまった。
感情的になってとんでもない行動を取る。韓国はいつこのようなパターンから脱出するのだろうか。
韓国の大統領府の発言は「イニシァチブは韓国が握っている」という意味。日本の輸出管理策問題と関連づけて、韓国が協定を延長することを決めたのだから、韓国外交の敗北ということではない。韓国は次元の異なる2つのことを関連づけることに成功したことになる。
韓国側の強気な発言が、逆に自らの追い込まれた立場を表してしまっているように感じるのは自分だけだろうか
先月ソウルに行きましたが、明洞の繁華街では日本人旅行客がいなくて閑散としていて、江南区では、大きな紙袋を持った韓国人を見かけなくなりました。
経済的にはかなりダメージを食らっているはずです。
プライド高く強がるのは、民族としての傾向でもあるでしょう。せめて、本件最後は吠えないと気が済まない韓国政府なんだろうと思います。
「形作って魂入れず」という典型。信頼関係のない形だけのGSOMIAに意味があるのか。ないよりましか。つまり、その程度になってしまったことこそが、真の危機。
ムンジェイン政権は、韓国国内向けのメンツ(大義名分)と言うある意味、嘘の発表を垂れ流すことが何よりも大事で、そのためには、外交的に礼儀を失しても良いと考えています。そんな国とは、まともな外交は期待できないですね。

外交上は程度の差はあるものの、どの国も「謝ったら死ぬ病」に掛かっている訳ですが、外交上無礼な態度はどこも取りません。得しないからです。韓国だけは、どれだけ強気な(無礼な)態度を取ったかが評価される、不思議な国ですね。国民全員がそんな価値基準だとは思いませんが。
ねじれすぎてて皮肉が思いつかない