新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均-0.53%、TOPIX-0.23%、マザーズ+0.86%、REIT+1.17%。
特に要因もない上下だと思う。あえて言うなら今日は為替に連動していたが、それでも値幅0.4円/ドルくらい。ダウ先物は1830時点で+45ドル、アジア株は上海+0.85%、香港+1.55%、韓国-0.34%、台湾-0.49%。香港は警察との衝突があるものの、一方でずっと続いていた争いが強硬突入で終わって市民生活としては安心する方向への織り込みか。
業種別には医薬品+1.71%、不動産+0.76%、その他金融+0.61%など。マイナスでは非鉄-1.36%、ゴム-1.26%、鉱業-1.18%など。
個別では田辺三菱+22.42%(ストップ高、三菱ケミカルの完全子会社化TOB)、大日本住友製薬+7.35%、協和発酵キリン+4.69%、エーザイ+3.31%と続き田辺三菱に続く再編期待の印象。マイナスではヤフー-8.06%、太陽誘電-4.94%、サイバー-4.35%など。
米中通商協議の先行きに慎重な見方が出たり、香港でのデモ情勢が緊迫度を高めるなど、中国の株式動向が気になっていましたが、リバースレポ金利引き下げやアリババ 株上場への期待などから上海、深セン、香港の各市場が上げています。しかしこれは日本株続伸に繋がりませんでした。
 この数日の話題の銘柄では、LINE+0.39%、Zホールディングス▲8.06%、ソフトバンクKK▲0.60%、ソフトバンクGr▲1.34%、楽天+1.16%。
 TOBが発表された田辺三菱製薬+22.42%、三菱ケミカルHD▲3.38%。