新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連邦準備制度理事会のコメントは、金融安定政策の一環として出されたものです。金融の安定にプライベートな会社(フェイスブック)の発行する仮想通貨は好ましくない、とコメント。

特に消費者保護の観点から、フェイスブックという企業に対する懸念を含んでの物言いになっています。その通りですね。

フェイスブックは中国の中央銀行電子通貨の開発を持ち出して、リブラがやらなければ中国に負ける、と公聴会で述べています。これは詭弁。

プライベート企業が発行する仮想通貨と、中央銀行電子通貨(CDBC)は似て非なるものです。
ステーブルコインに対してではなく、特定の企業が発行するコインは通貨の安定に好ましくないという趣旨だと思います。利用者保護はサービス設計次第ですから、日本の取引所のように顧客資産を完全に退避するのも一つですし、中国のカストディなんかは不正被害に対する保険をかけているところもあるそうです。

AML/CFTの観点では、例えばパブリックではなくプライベート型のチェーンでウォレットの保持にはKYCを必須化すれば、既存金融のモニタリング方法で監視できます。

むしろ、トランザクションの記録という観点では、ブロックチェーンの方が好ましいはずで、このテーマになると出てくるAML/CFTの懸念という話はビットコインのような分散型のパブリックチェーンを用いる前提の話ですね。Libraもそうですが、ほとんどの法定通貨カストディ型のステーブルコインはプライベート型を前提にしていますから、不特定のノード運営者による改ざんとか、外部ウォレット送付によるマネロンの懸念といった課題は技術的には解決できます。

既にコメントされていますが、テクノロジーは日日進化していますから、様々な課題を解決していくことはできますが、ドルの覇権が揺らぐリスクに対してどう説得するかというポリティカルな課題は時間がかかりそうですね。
記事の内容がざっくりしていますので、参考までに原文はこちら(①)。

内容としては、ステーブルコインに対し、①金融システムへの安定への懸念(ステーブルっていっているけど、ちゃんと法定通貨と交換できるようにしてるの?流動性大丈夫?)、②お馴染みのマネロン対策への懸念(法律ちゃんと守れよ)、③消費者保護への懸念(ディスクロちゃんとしろよ)。

といった感じです。ステーブルコイン全般についての懸念ですが、一応FBリブラは名指しされています。


①PDF、該当箇所はPDFの46頁からの2頁分。
http://bit.ly/2NQPhIt
「利用者保護が重要だ」と言われて反対する人は少ないと思うけど、結局は最終的に人々がそれを価値保存や価値交換の手段として認めるかどうかがポイントで、どんなモノでもサービスでも生成過程で先行的な利用者はリスクを負って使うんでしょう、たぶん。「金融の安定性や金融政策」を阻害するなら中央銀行として規制が必要でしょうが、利用者保護を理由に必要以上に介入して発展を止める必要はないんじゃないのかな (・・?
なんとなく「中央銀行保護が重要だ」と言っているようにも聞こえてしまう・・・ なんて言ったら、天邪鬼が過ぎるかな f^^;
個人的には、リブラのようなステーブルコインに関して、ここまでFRBが厳しい物言いであることに違和感を感じます。

懸念事項が本当ならば、既存の仮想通貨も含めて法律を作って規制をすればいいのではと感じます。

なぜ、口先介入が続くのか?
FBがリブラを断念するまで続くのか?
FRBもブロックチェーン関連の人材は積極的に採用しているので、ある意味時間稼ぎのポジショントークに思えます。

US Federal Reserve Hiring Retail Payments Manager to Research Digital Currencies
https://www.coindesk.com/us-federal-reserve-hiring-retail-payments-manager-to-research-digital-currencies
国に保護されちゃ、仮想通貨の意味ないよね。
結局、殆どの人にとっては、既存の社会制度のインフラの上になりたっている仮想の通貨ってわけだ。

一部の人にとっては違うけど