新着Pick

地図で見る、アメリカのホームレスの現状

Business Insider Japan
・アメリカでは毎年数千人が"住む家を失う"という悲劇に直面している。 ・住宅都市開発省(HUD) では毎年、それぞれの州のホームレスの数(推計)を公表している。 ・上の地図が示すとおり、住民1万人あたりのホームレスの数は西海岸や北東部、ハワイ、アラスカで特に多くなっている。 アメリカでは毎年数千人...
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ホームレスの一部が、ベトナム戦争、アフガン侵攻、イラク戦争に送り出された元軍人だというのが悲惨な状況です。PTSDのせいで、受けられる治療などを知らないままホームレスになっていて、国のために尽くしたのに暴行を受けるケースもあります。
日本人に大人気の沿岸都市部のホームレス問題は、本当に深刻です。「昔アメリカに住んでました」という人でも、今アメリカにいなかったら、この悲惨な状況は多分想像つかないと思います。

今とっても深刻なのは、ホームレスの注射針問題。
シアトルではスタバがトイレを顧客以外の一般にも開放しているんですが、そのためにホームレスがスタバトイレに来るようになってしまいました。トイレだけならいいけれど、そこで麻薬注射してしまう。

この惨状についてはこちらを。ご参考までに。
https://bizseeds.net/articles/1001
ハワイにいた時、寒い州の政府がお金を払って買った飛行機のチケットをお渡しして、ホームレスの方々をハワイに送っている (シェルター提供より安いから)、というハナシ(ジョーク?)をよく聞いたのですが、ホントなんですか? クワシイ方オシエテ

追記
Araiさん、ありがとうございます もしかして、と思っていましたが、未確認なんですねぇ
アメリカには、日本でいうところの生活保護がないので、住むところがなくなって車で生活している人も普通にいますね。

Saitouさんへ
私、同じことをLAで何度か聞いたので、その都市伝説を岩田さんに質問をしたことがあります。岩田さん曰く、岩田さんでも都市伝説として聞いたことがあるレベルでした…

ハワイにいた時、寒い州の政府がお金を払って買った飛行機のチケットをお渡しして、ホームレスの方々をハワイに送っている (シェルター提供より安いから)、というハナシ(ジョーク?)をよく聞いたのですが、ホントなんですか?