新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういうことが起きるのは期限付きの雇用契約がないからだと思います。定期的に条件が見直される緊張感があれば自分を磨いて生産性をあげようと努力をするでしょう。
記事にある通りに若い頃は生産性が待遇を上回っていたのあればその際に給与を上げてもらうべきであって、生産性が下がったのであれば待遇を下げないとインセンティブの矛盾が起き、会社の業績も歪むと思われます。
生産性が低い仕事はしなくてもいいのですか?
生産性の高い低いは何で決めるんですか?

働かないおじさんがいなくなったら、他のみんなは働くのですか?

働かないおじさんはホントにいらないのですか?
これは、今はまさに過渡期末期ですよね。
多分、今50歳以下の人ではあり得ないと思います。
だから、今職場で50歳以上で明らかに貰っている給料分働いていない人がいなくなれば、企業の制度も変わるでしょう。

今50歳以上の人は、20代の時、上司より早くは帰れない、飲み会は強制参加、上司の家族に不幸があれば受付などに駆り出される等々、終身雇用制度の若手サラリーマンの悲哀を味わった人達ですから…可哀想と言えば可哀想です。
以下の2つが原因だと思います。海外では、こういったことは、ほとんどないので、日本と同じ問題は発生しません。その代わり、雇用の担保はありません。

1.年功序列、終身雇用という制度(個人をみず、みんな同じに扱う)
2.きちんと成果を評価できない

人事制度を変えないといけないのですが、一気に変えると反発が大きいので、HR部門の腰がひけてしまっていることも、変わらない要因です。

誰かが大鉈をふるわないと変わりません。そして、変わらないと生き残れません。
大前提を間違えていると思います。
高齢になっても働くのが当たり前の時代になるのはその通りですが、この方の論法でいくと、「生産性をあげないおじさんは悪」だから「そんな奴らに企業は給料なんか払えない」ので「自己責任でなんとかしろ」と言っているようです。
自助でなんでもしろという教育は、結局、社会は循環しているという原理を忘れさせ、目先の利益だけを追い求める「心の貧しい学生」しか生まないのではないですか?
概念図はとても分かりやすい。
開き直ったサラリーマンほど強いものはないのです。

ただし。私自身はそうなりたくなくて会社を辞めました。
「働かないおじさんのモデル図」にはくすっと笑ってしまいました。

世代間の不平等にはある程度共感しますが、少なくとも女性は昔よりも遥かに働きやすくなっていると思いますし、一概には言えないなと。

また、賃金に見合う生産性をあげられない人というのは、年代に関係なく存在します。若手でも、年齢や経験に見合った成果をあげられていない人間はいる。それに気付かず、記事中にあるような「おじさん」を見下すのはお門違いかなと…。
年齢に見あった、生産性を身に付けさせないのも問題だな。

『働かないおじさんは、ホントにいらないのですか?』
という意見があるが、次代のモチベーションを削いでる時点でいらない。

『働かないおじさんがいなくなったら、他のみんなは働くのですか?』
他のみんなが働くかは、不確定要素。
しかしながら、働かないおじさん分の賃金が浮くのは確実である。
モチベーション削ぐ要因に、高賃金を支払う必要は どう考えても見当たらないだろう。
日本の会社は株主プレッシャーがないから優しい。おっさんは何も悪くない。仕組みそのものが壊れてきてるんですね。幕末のやる気ある若者たちはテロで変えようとしましたが、今の若者はそこまでやらない。違う選択肢を選べばいいだけです
単に団塊世代とその後の世代の人たちの人口が多くて、その数に引きづられているだけな気もする。どの時代、どの世代も、殆どの人は労働生産性低いんだから。