新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最初にエヴァンに会った時の鋭くて純粋な雰囲気を思い出すコメントだ。NewsPicksは広告と有料読者の双方にバランス良く支えられている例外的なネットメディアだ。エヴァンはNewsPicksを知っているだろうか? 図らずも彼と何やら似た方向を向いて歩いていることを少し嬉しく思う。
『ところがインターネットの場合、成功しているのは、大衆向けの低コストアプローチをとったところばかりです。』

数は力。だから損失を出していても、数を取りに行くし、そこにスタートアップも投資家も熱狂して、そのバイアスが強化される。
一方で、それは社会全体では低品質の情報を量産して、トータルでの時間コストを増やしたり、間違った知識の拡散、知恵への投資の減少が進んでいる側面もあると思う。

インターネットでこのような「重力」に負けずに高品質のものを作るにはどうすればいいか?ネットの進化は早いが、一方で方向性も素早く変わる。その波や方向性に乗るのではなく、地道に安定的に方針を持って進めるかが全てだと思う。
それはハイブランドを育てるようなものでもあると思う。ハイブランドが数量を追ってロゴ販売のような安売りをしていけば顧客は離れる。時間をかけて、方針をブラさず、離れない顧客を粛々と積み重ねて、その世界観への共感や効用への理解を広げられるか。
それは時に成長速度が遅いと批判されたりすることもあるだろう。でもそれに説明を重ねて、耐えて、それに対するリターンが「長期成長」なのだと思う。耐えられないから難しいし、全部の会社・サービスができるわけではない。逆にそれができた会社・サービスは、それが競争力・障壁となる。
「広告を唯一の収入源にしていると、(内容のクオリティが問われる)コンテンツビジネスではなく、(どれだけ注目を集めるかが問われる)アテンションビジネスになってしまう」という指摘。その通りだと痛感します。

キャッチーな宣伝文句やニュース記事に、ついタップするけれど、内容の薄っぺらさに失望することが多い。その傾向が加速しているように感じます。
ネットのコンテンツ&UXとリアルのコンテンツ&UXを融合させるのが、現代のスポーツビジネスの肝。要はエクスペリエンス重視。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.74 兆円

業績