新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
成人してから歯列矯正しました。歯列矯正は成人してからでも行えます。

歯列矯正は少し値がはる(100万円強)ものの、実は医療費控除の対象となります(対象とならないケースもある)。そのため、総合課税の方は、課税所得の多い年(税率の高い年)にぶつけて医療費を支出するのがタックス・プランニング上良いです。税引後で考えると、人によっては実質数割引き(税率の低い人)から半額負担(高所得者で税率の高い人)に。
節税効果は大人になってから歯列矯正を行うことのメリットです。

—-
歯列矯正はヘルスケアで長期的な健康につながりますし、外見の美しさ・清潔感にも貢献してくれます。
人前に出る仕事の方は矯正治療中の機器の見え方が気になりますが、舌側矯正であれば目立ちません。
矯正しています。
医療費控除にもなるようなので、消費税前にやってみました。

何歳からでも噛み合わせ良くなるようで、裏側矯正というものをしています。100万以上かかっていますが、この違和感が解消されるならと思い挑戦しました。
セルフメディケーション税制は知りませんでした。スイッチOTC医薬品を年間12,000円以上購入した場合は控除の対象となります。
鎮痛薬のロキソニンや胃薬のガスター10、アレグラなどの花粉症対策の薬が対象となりますので、恩恵を受ける家庭は少なくないかも。