新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結局、当初から最も可能性が高いとされていたフォワードガイダンス強化のみで、一部で期待のあった金融機関対策やイールドスティープ化対策は出てきませんでしたね。
この相場環境ですから無難だと思いますが、ただ相場が崩れた場合を想定して、事務方の方では利下げや資産買い増しも含めて色々考えていると思います。
日銀の政策反応関数において最も重要な為替が直近高値圏にあり、株価も年初来高値圏にある以上、緩和観測が残っていたこと自体が不思議だったと思います。ただし、Fedが利下げ打ち止めを示唆しているにもかかわらずドル/円相場が軟化してきている事実は先行きを考える上で重要に感じられます。
「物価の見通しを下方修正」したのに損なわれるおそれのない「物価安定の目標に向けたモメンタム(勢い)」って一体何かね?

注意が必要通り越して損なわれた場合については何もコミットしませんか?